長野・安曇野の温泉は観光とセットがおすすめ!森林浴や夜景で心も体もリフレッシュ

おすすめTrip
この記事は約9分で読めます。

長野県中部にあって、県庁所在地である松本市に隣接する街・安曇野は、美しい山々や自然を楽しめることで知られる地域です。

今回は安曇野にいるなら知っておきたい、おすすめの温泉施設・温泉宿を、周辺の観光情報と一緒に紹介していきます。

安曇野しゃくなげの湯:天然温泉の日帰り湯にはバリアフリー家族風呂も!


まず紹介するのが、平成28.年オープンの日帰り入浴施設「安曇野しゃくなげの湯」です。天然温泉に入浴できる日帰り専門の施設で、大浴場ではお風呂や露天風呂を、食事処では地元食材を使った食事も楽しめます。

大浴場は、日替わりで男女が入れ替わる内風呂として「木の湯」と「石の湯」、そして温度の異なる「ぬる湯」「あつ湯」の露天風呂があります。

お風呂の種類・概要

木の湯

  • 天然温泉浴槽、ジェットバス、洗い場、冷水風呂
  • 超微細の気泡が溶け込み、マッサージ作用や美肌が期待できるシルク湯
  • やや低めの温度で、体を温める遠赤外線を発する室内に入る遠赤外線サウナ

石の湯

  • 天然温泉浴槽、ジェットバス、洗い場、冷水風呂
  • 炭酸ガスを溶け込ませたお湯で、毛細血管を広げ血流を促す炭酸泉
  • 一般的なドライサウナより湿度が高く、低温の塩サウナ

露天風呂

  • ぬる湯、あつ湯に交互に入ることで、温泉そのものによる温浴効果・効能以外に、交互浴による自律神経を整える効果が期待できる

また別途料金を支払えば、大浴場以外に体の不自由な人、大浴場での入浴に抵抗がある人でもゆっくり温泉入浴を楽しめる家族風呂「暖らんの湯」の利用も可能です。あなたの好みや一緒に利用する人の希望で、好みの湯を使い分けましょう。

泉質・効能

しゃくなげの湯には、以下泉質・効能があります。

泉質
アルカリ性単純温泉、アルカリ性低張性高温泉
効能
筋肉や関節の慢性的な痛み・こわばり、運動麻痺、冷え、末梢循環障害、胃腸機能の低下、軽度の高血圧・糖尿病・高コレステロール血症、軽度の呼吸器障害、痔、自律神経不安定症、ストレスによる諸症状、疲労回復、健康増進

なお、しゃくなげの湯近隣の観光地としては以下が挙げられます。あらかじめ立ち寄って、観光の後に温泉を楽しむと良いでしょう。

  • 北アルプス、燕岳
  • 八面大王の足湯
  • Vif穂高
  • 安曇野アートヒルズミュージアム
  • 国営アルプスあづみの公園
  • 碌山(ろくざん)美術館
  • 穂高神社
  • 大王わさび農場
  • 安曇野ちひろ美術館
  • 道の駅 アルプス安曇野ほりがねの里

▼ 安曇野しゃくなげの湯

安曇野みさと温泉 ファインビュー室山:夜景が綺麗でカップルの温泉デートにおすすめ


続いて紹介するのは、館山駅すぐの「安曇野みさと温泉 ファインビュー宝山」です。標高800m、松本市街地を見渡せる場所にあるこの施設では、昼は美ヶ原高原をはじめ安曇野の自然を、夜は美しい夜景を望むことができます。

入浴施設としては、男女入れ替え制内湯大浴場の「天空の湯」と「みさとの湯」、そして「岩風呂」「寝湯」「舟形風呂」のある露天風呂を用意。各種露天風呂では、それぞれ趣の異なる入浴を楽しめます。

各種露天風呂の特徴

岩風呂
最も開放的な浴槽。高台から遮るもののない、安曇野の絶景を望める
寝湯
浅めに作られた入浴スペースで、寝転んで景色を見ながら入浴できる
舟形風呂
安曇野市内の祭りに使われる船型の山車「オフネ」にちなんだ、舟形の浴槽

また大浴場にはそれぞれジャグジー、サウナ、水風呂もあるので、クールダウンや休憩をはさみながら長時間ゆっくりとお風呂を楽しめるでしょう。

泉質・効能

ファインビュー宝山で入浴できる温泉の泉質・効能は、以下の通りです。

泉質
アルカリ性単純温泉
効能
神経痛、筋肉痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、慢性消化器病、痔、冷え、疲労回復

刺激が弱く、湯あたりを起こしにくいやさしい泉質なので、体力のない子どもや高齢者でも安心して入浴できます。
宿泊の他、日帰りでの入浴も可能なので、観光のついでに立ち寄ってみましょう。

▼ 安曇野みさと温泉 ファインビュー室山

蝶ヶ岳温泉 ほりでーゆ〜四季の郷:アルプス展望のラドン露天湯とキャンプで自然の恵みを楽しむ


続いて紹介するのは、保健所認定療養泉である「蝶ヶ岳温泉 ほりでーゆ~四季の郷」です。療養泉とは、その成分・温度が温泉としての基準を満たしているだけでなく、他の病気や疾患への治療効果も期待できると認められた源泉のことです。

泉質・効能

四季の郷の泉質と、適切な入浴により期待できる効果・効能は以下の通りです。

泉質
放射能泉
効能
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、痔、慢性消化器病、冷え、疲労回復、健康増進、痛風、動脈硬化、高血圧症、慢性胆嚢症、胆石症、慢性皮膚炎、慢性婦人病

微量な放射線を含み、別名「ラドン温泉」とも呼ばれるこの泉質には、特有の刺激で血行を促進させ、免疫力や自然治癒力を向上させると考えられています。

入浴施設はアルプス山脈を望む「アルプス眺望の露天」をはじめ、高温サウナ、ジャグジー、うたせ湯など各種お風呂を備えた「内湯・大浴場」があり、午前10時~午後9時30分までの間なら日帰り入浴での利用も可能です。

隣接するキャンプ場ではBBQハウスや炊事場、バリアフリー対応でどなたでも利用しやすいトイレがあるので、アウトドアと一緒に温泉を楽しめますよ。

▼ 蝶ヶ岳温泉 ほりでーゆ〜四季の郷

関連記事:関東の温泉も楽しめるキャンプ場5選!トレーラーハウスや健康増進浴、ソロキャンプなど充実のアクティビティ

関連記事:千葉の温泉はアクティビティと一緒に!プール・ゴルフ・グランピング・海釣り・BBQのどれにしよう

休暇村リトリート安曇野ホテル:森林浴もできる体験型アクティビティ付き温泉


続いては景色、環境の良い場所に設置されるリゾート施設のひとつ「休暇村リトリート安曇野ホテル」を紹介します。
標高1,450mの穂高温泉郷、中房渓谷から引き入れた以下泉質・効能の源泉を使用し、「空見の湯」と名付けられた大浴場にはそれぞれ内湯、露天風呂が1つずつあります。

泉質・効能

休暇村リトリート安曇野ホテルの泉質と効能は以下の通りです。

泉質
アルカリ性単純温泉、アルカリ性低張性高温泉
効能
筋肉や関節の慢性的な痛み、こわばり、運動麻痺、冷え、末梢循環障害、胃腸機能の低下、軽度の高血圧・糖尿病・高コレステロール血症、軽度の呼吸器障害、痔、自律神経不安定症、ストレスによる諸症状、疲労回復、健康増進、不眠症

内湯には天然温泉を蓄え、おしゃべりスペースも設けられた大きな浴槽の他、洗い場、サウナを完備。岩に囲まれた開放的な露天風呂からは、夜になると満点の星空を眺めながらの入浴を楽しめます。

ふれあいプログラムも楽しめる

この施設には、さまざまなリトリート施設らしいふれあいプログラムも体験可能です。
以下に、年間を通じて催されているふれあいプログラムの具体例をまとめておきますので、リトリート安曇野ホテルに宿泊する際にはぜひ利用してみましょう。

早朝お散歩会

周辺の森をメインに、安曇平の見渡スポットや八面大王の足湯など、周辺の観光地を巡る散歩コースを日帰りでアテンドしてもらうプログラムです。開催時間は朝7時~7時30分にかけてで、参加費は無料。朝食前に季節によって菜の花やツツジ、紅葉を眺めながらの散策と写真撮影を楽しめます。

【厳選】郷土食を学ぶ:そば打ち体験

そばの実をはじめ、地元で獲れた食材を使い、地域のお父さん・お母さんにそばうちを教えてもらうプログラムです。実際にそばを打ち、試食するまでを体験するプランで所要時間は2時間。料金は3~4名で4,200円からとなります。

早朝ヨガ体験

朝の7時から45分間、安曇野の空気を体いっぱいに吸い込みながらのヨガと、瞑想体験がセットになったプログラムです。参加費は無料、子どもも保護者同伴であれば参加可能なので、動きやすい服装で参加しましょう。

【厳選】日帰り 上高地の旅

往復でおよそ7時間、朝の8時~お昼の3時までのほぼまる1日かけて、上高地とその周辺の散策を楽しむプログラムです。参加費は1人あたり6,500円、上高地周辺までの車での送迎も含まれていますが、昼食はついていません。なお、散策時間はおよそ2時間30分設定されていますので、参加にはハイキングを楽しめるくらいの体力・筋力が必要になります。

▼ 休暇村リトリート安曇野ホテル

安曇野 穂高ビューホテル:美人の湯とけやきの森のマイナスイオンを浴びる北アルプスの宿


最後は、環境省から国民保養地の指定を受ける穂高エリアから「安曇野 穂高ビューホテル」です。穂高ビューホテルの入浴施設は、以下泉質・効能の温泉を引き込んだ温泉大浴場と、露天風呂の2種類があります。

泉質・効能

穂高ビューホテルの温泉の泉質と効能は以下の通りです。

泉質
アルカリ性単純温泉、アルカリ性低張性高温泉
効能
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、打ち身、くじき、冷え、疲労回復、美肌

大浴場には大きな浴槽の内湯の他、サウナ、水風呂も併設。露天風呂は周囲を緑に囲まれた岩風呂で、鳥のさえずりや風と木が作り出すざわめきを聞きながら入浴を楽しめます。

森の散歩でリフレッシュ

穂高ビューホテルには、敷地内に1周30分ほどで楽しめる「けやきの森の散歩道」があるのも大きな特徴です。
けやきの森の散歩道は、舗装されていないほぼ自然のままの散歩道。折り返し地点となる大きなけやきの木まではおよそ50mの標高差があり、アップダウンのある道を、自然観察しながら進んでいくことになります。

道中の見どころとしては、烏川渓谷と折り返し地点の大けやきが挙げられます。雲が良ければ、森に生息するリスや野鳥、サル、タヌキなどの野生動物とも遭遇できるかもしれません。

また、水がきれいでおいしいことで知られる安曇野産のみずみずしい野菜果物、パンやご飯が味わえる朝食バイキングも、しっかり楽しみたいところ。美容と健康に良いとされる名産品のわさび、野菜のスムージーや美味しい卵、乳製品など、おいしいものがたくさん並ぶため、おなかを空かせて朝食に望む必要があります。

ぜひ早起きをして、けやきの森の散歩道の森林浴効果でリフレッシュをしながら、健康的な朝食を楽しみましょう。

▼ 安曇野 穂高ビューホテル

おわりに:安曇野に行くなら、自然観光と温泉をゆったり一緒に楽しんで!

日本アルプスを望む位置にあり、日本でも有数の高原地として知られる長野県・安曇野には、温泉施設もたくさんあります。周辺での自然散策や山登り、グルメを楽しんだついでに、日帰り温泉入浴を楽しむのも良いでしょう。時間に余裕があるなら、宿泊して昼・夜それぞれの露天風呂と周辺の散策、地元食材を使った食事をゆっくり楽しむのがおすすめ。せっかく安曇野に行くなら、ぜひ1泊だけでも泊まって観光と温泉の両方を堪能してくださいね。

関連記事:人気の観光スポット・長野県で森林浴!おすすめスポット4選

関連記事:3千メートル級の乗鞍岳登山の難易度は?バス利用で簡単に山頂に行けるって本当?

コメント

タイトルとURLをコピーしました