筋子やイクラの栄養効果って?プリン体やコレステロールの影響は?

グルメでケア
この記事は約5分で読めます。

鮭や鱒の卵を加工した筋子やイクラは、縁起の良い高級食材として親しまれてきました。

今回は筋子やイクラに含まれる栄養価に着目し、両者の違いや期待できる健康への効果、食べるうえで知っておくべき注意点などをまとめて解説します。旅先のグルメやお取り寄せを楽しむときの参考にしてください。

筋子とイクラって何が違うの?

筋子もイクラも、サケ科の魚の卵という意味では同じものです。違いは、卵巣膜に包まれた状態か、一粒ずつに分けられた状態かにあります。

筋子とイクラ、それぞれの定義

筋子
サケ科の魚卵を、卵巣膜に包まれた状態のまま加工したもの
イクラ
卵巣膜から取り出し、一粒ずつの状態に分けたサケ科の魚卵

どちらも加熱をせず、塩漬けや醤油漬けにして生のまま食べるのが一般的です。

筋子とイクラの一般的な加工方法

塩漬け
古くから行われてきたか後方で、塩蔵とも言う。はじめに塩水で処理したのち、もう一度味付けを目的に漬けして作る
醤油漬け
近年になってから、使われるようになってきた加工方法。筋子やイクラのきれいな色が損なわれないよう、色のつきにくい醤油に漬け込んで作る

なお、筋子は親となる魚の種類や産地により、呼び方や見た目・味わいが異なる場合があります。以下に呼び方や産地別の違いをまとめましたので、参考にしてください。

関連記事:漬物にはどんな効果やメリットあるの?

親の種類・産地による呼び方や見た目、味わいの違い

親の種類による呼び方の違い

親が紅鮭の場合
べに子
親が銀鮭の場合
ぎん子
親が鱒の場合
ます子
親が白鮭の場合
さけ子、ちゃむ子、はら子
親がキングサーモンの場合
きんぐ子
親がトラウトサーモンの場合
とらうと子

産地による、見た目や味わいの違い

日本国内産のもの
やや黒っぽく見える色合い。大粒で薄い塩味をしている
アラスカ産のもの
粒が大きく鮮やかな赤色だが、時間とともに黒く変色する。塩辛い
北欧産のもの
発色がよく、色目がきれい。甘口で高値で取引される傾向がある
ロシア産
醤油漬けで甘辛く味つけされることが多い。量販店で広く流通している

筋子やイクラの栄養は健康にどう役立つの?

筋子やイクラに含まれる栄養とその効果をまとめると、以下のようになります。

DHAとEPA、オレイン酸

筋子とイクラには、DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)、オレイン酸という脂質が含まれています。

不飽和脂肪酸に分類これらの脂質には、糖尿病や高血圧、高脂血症など生活習慣病を予防・改善する効果があります。

関連記事:アジの栄養の健康効果とおすすめの食べ方とは?

ビタミン類

筋子・イクラには複数のビタミンが含まれていて、それぞれ以下の健康効果が期待できます。

ビタミンE
細胞の老化・劣化を防ぎ、体を健康で若々しい状態に保つ
ビタミンA
免疫力を上げて感染症を予防し、目の機能を改善・維持する
ビタミンB1
糖のエネルギー変換を助け、神経の働きを正常に保つ
ビタミンB2
脂質の代謝を助けて高脂血症を予防し、皮膚や粘膜を健康に保つ
ビタミンB12
精神を安定させ、悪性貧血を予防・改善する
ビタミンD
カルシウムと結合して運び、骨や歯を作るのを助ける

アスタキサンチン

筋子・イクラの赤色の源である色素成分です。非常に強い抗酸化作用があり、細胞の老化や劣化、またこれによる疾病やがんの発症を防ぎ免疫力・治癒力を高めてくれます。

アミノ酸

筋子・イクラにはアミノ酸も豊富に含まれています。なかでもシスチンとアルギニンが豊富とされ、食べると以下のような健康効果をもたらしてくれます。

シスチン
肌にうるおいとハリ、髪にはツヤを与えて健康で美しい状態を保つ
アルギニン
体の成長や疲労回復、免疫力向上、一部の心臓病や生殖障害の改善

ミネラル類

カルシウムや鉄、マグネシウムなど、筋子・イクラはミネラル成分も多く含む食品です。

ビタミン類とミネラル類は、どちらも私たちの心身の健康を維持するのに欠かせません。
筋子・イクラを食べるとこれらを一緒に摂ることができるので、健康で丈夫な体づくりや免疫力アップ、精神の安定に役立つでしょう。

筋子やイクラを食べるときの注意点は?

筋子やイクラを食べるうえで気になるのが、生活習慣病や通風の一因となるコレステロールや塩分、そしてプリン体の値ではないでしょうか。

以下に筋子やイクラ100gあたりのコレステロール、塩分、プリン体の量を並べました。

筋子・イクラ100gあたりのコレステロール・塩分・プリン体量

コレステロール
およそ480㎎
塩分
およそ2.3g
プリン体
およそ15㎎

コレステロールと塩分量については、他の食品や塩分の1日当たりの摂取目標と比較しても含有量が多いと言えます。

ただ、コレステロールについては1日の摂取目標・制限量は設定されていません。
このため、毎日大量に食べるなどしない限りは、筋子・イクラのコレステロール量を気にする必要はないでしょう。

考慮すべきなのはむしろ塩分量で、これにしょう油の味付け分を加えると、かなりの分量になることが予測されます。

食べすぎると高血圧や体調不良の原因となりますので、注意が必要です。

またプリン体の量については、納豆の115㎎やタラコの120㎎と比較しても、決して高いわけではありません。こちらも食べすぎないよう、適量を心が得ていれば問題ないでしょう。

関連記事:ブリってどんな魚?どんな栄養効果があるの?

おわりに:適量を食べるなら、筋子やイクラは健康効果の大きい食品!

プリン体やコレステロールが多いイメージのある筋子・イクラ。しかし一方ではさまざまなビタミン、ミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸を含む栄養価の高い食品でもあります。実際のところ、他の食品と比べても筋子・イクラに含まれるプリン体とコレステロールの量はあまり多くありません。適量を食べる限りは、むしろ健康へのメリットの方が多いでしょう。

関連記事:ウニの栄養効果とおすすめの食べ方とは?

関連記事:魚が健康に良いっていわれる理由とは?

Amazon | サーモン専門店岩松 訳あり天然紅鮭筋子 500g(塩筋子) | 岩松水産 | 魚卵 通販
サーモン専門店岩松 訳あり天然紅鮭筋子 500g(塩筋子)が魚卵ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました