外国人観光客も楽しめる京都の温泉!貸切風呂や日本文化にふれるおすすめスポット

おすすめTrip
この記事は約8分で読めます。

海外からきた観光客のなかには、文化・宗教上の理由から日本の温泉を楽しめない、という人もいらっしゃいます。
そこで今回は、外国人も楽しめるかどうかを基準に選んだ、人気観光地・京都のおすすめ温泉旅館を5つ紹介します。

嵐山辨慶:外国のお客様も安心!貸切露天風呂や京懐石で和のリラックスタイムを


渡月橋があることで知られる京都府内でも有名な観光地・嵐山には、以下の泉質・効能を持つ嵐山温泉がわき出しています。

泉質・効能

泉質
低張性アルカリ性温泉、単純泉
効能
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、慢性消化器病など

この地域に建つ温泉宿のひとつ「嵐山辨慶(べんけい)」には、内湯を備えた男湯・女湯の大浴場の他に、大小さまざまな広さの貸し切り露天風呂を備えています。近年、京都をはじめ日本全国に海外から来た観光客が宿泊する機会が増えてきました。

日本とは異なる文化圏から来た外国人観光客のなかには、以下のような事情から温泉に入ることを躊躇するケースも多いと言います。

外国人観光客が、大浴場の利用を敬遠する理由

  • タトゥーが入っているため、日本の温泉や銭湯での入浴を断られる
  • 同性のパートナーと一緒にカップル、夫婦として温泉に入りたいが、理解してもらえない
  • その他性自認、または文化的・宗教的理由から、大浴場で裸になれない

貸し切り露天風呂であれば、タトゥーがある人やセクシャルマイノリティの人でも、人目を気にせず露天風呂への入浴を楽しめます。

食事は、数寄の心と彩りを大切に、春夏秋冬を舌で感じられるよう作られた京懐石。10人以上の利用で事前予約した場合のみですが、ヴィーガンやベジタリアンに対応した野菜尽くしの京懐石を作ってもらうこともできます。
嵐山辨慶なら日本人だけでなく、さまざまな文化的背景を持つ外国の方へも、温泉と食でおもてなしすることが可能でしょう。

▼ 嵐山辨慶

関連記事:京野菜がヘルシーって言われているのはどうして?

京都 嵐山温泉 花伝抄 (かでんしょう):温泉浴衣や茶室で和の心を体験するのも楽しい


続いても嵐山温泉から「京都 嵐山温泉 花伝抄」をご紹介します。
嵐山辨慶と源泉を同じくする単純温泉で、神経痛や筋肉痛、関節痛、五十肩、うちみ、くじき、慢性消化器病、冷え、健康増進への効能が期待できる温泉です。

入浴設備としては大浴場にあたる大湯屋に平安の湯、シルキー湯の内湯が、そして季節により薬湯になる露天岩風呂が男湯・女湯にそれぞれ1つずつあります。また、つぼ湯や檜風呂、レンガ造りと言ったそれぞれ趣の異なる5つの貸し切り温泉を、無料で利用できるのも花伝抄の大きな特徴です。

お風呂以外にも「浴衣処 単衣」や「茶室 如水庵」など、館内だけで気軽に日本文化を体験できる施設があるのも、外国人観光客にはうれしいポイントです。

浴衣処 単衣
京の伝統を感じられる文様、柄の浴衣と帯を、好みに合わせて選び着用できる場所
カップル向けに、男女がお揃いで着られるオリジナルの浴衣も用意されている
茶室 如水庵
待合スペースのそばに、茶室を模して作られた静かな空間
茶道の祖、千利休の菩提寺である京都は大徳寺の聚光院・枡床席(しゅうこういん・ますどこのせき)を参考にしたつくりが特徴

滞在中に京都ならではの趣を感じてもらえるようにと、畳の廊下を通って行く客室のデザインは京町屋、京和風、京モダンの3パターンを用意されています。チェックインからチェックアウトまで、館内で過ごしている間はずっと、京都の趣に浸ることができますよ。

▼ 京都 嵐山温泉 花伝抄

関連記事:温泉浴衣で楽しく観光♪カップル・マタニティ着付けやマイ浴衣持ち込みもあり?

京都 湯の花温泉 松園荘 保津川亭:能舞台を進んで浴場へ!貸切風呂もおすすめ

https://www.instagram.com/p/CDm5-2VgGvH/
能舞台を模した、日本文化を感じられる温泉施設を自慢とするのは「京都 湯の花温泉 松園荘 保津川亭」です。保津川亭にはジェットバスやジャグジー、ミストサウナなど数種類のお風呂を楽しめる内湯の他、石風呂、薬湯、能舞台を模した檜造りの露天風呂があります。

内湯・露天風呂ともに広々とした作りになっているので、入浴中や合間のクールダウンも、ゆったりした気持ちで過ごせるでしょう。また別途料金がかかりますが、2室ある貸し切り風呂を利用することも可能です。

大浴場でも貸し切り風呂でも、以下の泉質・効能のお湯を楽しめますので、好みやおもてなしする外国の方の希望に合わせ使い分けてくださいね。

泉質・効能

泉質
弱アルカリ性低張性低温泉、単純弱放射能泉
効能
腰痛、肩こり、神経痛、関節炎、水虫、高血圧、糖尿病、痔、ストレスによる諸症状、心不全、疲労回復、アトピー性皮膚炎、花粉症、ぜんそく、美肌

館内のデザイン

館内は京都の町、また京都の雰囲気を感じられるよう配慮され、門を入った瞬間から非日常感を味わえるようなデザインになっています。

門から入り口までの庭園、通路
保津川のせせらぎをイメージした、紅葉の庭
ロビーからフロントにかけて
天の川をイメージし、天井を高く設計した解放感ある空間
客室へと続く廊下
京都の家屋に建物の損傷を防ぐため設置する犬矢来(いぬやらい)を設置し、京都の街並みを表現

料理は地元・亀岡で獲れた野菜やをはじめ、京都中央卸売市場直送の魚介類、丹波篠山名産の猪肉や銘柄など、京都ならではの食材を使った和食を味わえます。懐石の他、一品料理の追加も可能ですので、心ゆくまで堪能してもらいましょう。

▼ 京都 湯の花温泉 松園荘 保津川亭

丹後 神の温泉 旅館 すずらん:神の温泉でじっくり入浴も足湯もいい!


続いて紹介するのは、京都府北部に位置する「丹後 神の温泉 旅館 すずらん」です。すずらんの入浴できる温泉には、体温上昇と血流改善の他、以下の効能が期待できます。

泉質・効能

泉質
低張性弱アルカリ性高温泉、塩化物・硫酸塩泉
効能
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、関節のこわばり、運動麻痺、うちみ、くじき、慢性消化器病、疾病、冷え、慢性皮膚病、慢性婦人病、動脈硬化、健康増進

また、温熱効果、温泉成分の作用により、血管や筋肉を柔らかくし、体に溜まった余分な水分・老廃物を排出するデトックス効果も期待できます。

そして、宿のエントランス前には、源泉か兼菓子の足湯があります。第二の心臓とも呼ばれる足を温泉に浸けることで、滞りがちな膝から下の血行が促進され、疲れやむくみがとれ、脂肪も燃焼しやすくなるため美脚効果も見込めるでしょう。

内湯・露天風呂を備えた大浴場の他、一部客室には専用の足湯や露天風呂が付いています。部屋付きの露天風呂は、いずれも保温性・耐火性優れた信楽焼のつぼ湯です。時間を問わず、好きなときにたくさん足湯や露天風呂を楽しみたいという外国の方には、露天風呂付きの客室をおすすめしてあげてください。

また宿泊しなくても、日帰り入浴でもすずらんの温泉に入ることができます。ただし日帰り入浴の場合、休業日もありますので、事前に旅館側に確認の連絡を入れましょう。

料理は、旅館主人の父が地元の砂地で育てた自家製野菜をはじめ、近郊の農家が作った米、近郊の漁港であがった新鮮な魚介類を使った季節懐石がおいしいと評判です。

▼ 丹後 神の温泉 旅館 すずらん

関連記事:温泉が健康に良い理由と正しい温泉の入り方とは?

京都嵐山温泉 風風の湯(ふふのゆ):嵐山温泉公認の日帰りスポットで気軽に


最後に紹介するのは、日帰り専門の温泉入浴施設「京都嵐山温泉 風風の湯」です。弱アルカリ性の単純温泉への入浴を楽しめる施設で、神経痛や筋肉痛、五十肩などの体の痛み、慢性消化器病、痔、冷え、疲労回復や美肌などへの効能が期待できます。

風風の湯、大浴場にあるお風呂の種類

大浴場には、男湯・女湯それぞれに以下種類のお風呂があります。

  • 露天風呂
  • 内湯として大浴槽、シルキー湯、水風呂、ドライサウナ、ミストサウナ

すぐ近くには大堰川(おおいがわ)が流れているため、露天風呂では川のせせらぎを聞きながら、開放的な気分で入浴を楽しめますよ。

また、風風の湯最大の特徴は、阪急電鉄・嵐山駅から徒歩およそ2分という、アクセスの良さにあります。これだけ駅から近ければ、車のない外国人観光客でも、嵐山観光のついでに立ち寄れます。お風呂に入った後は、広い休憩スペースで1,200冊もの蔵書から好きな漫画を読んでくつろいだり、円市を模した懐かしい雰囲気の売店で買い物を楽しむことも可能です。

嵐山観光に疲れたり、次の観光地や宿泊地への移動まで時間があるようなら、入浴と休憩のためにぜひ立ち寄ってください。

▼ 京都嵐山温泉 風風の湯

おわりに:温泉と日本文化、両方に触れられる京都の温泉旅館・施設で外国人観光客をおもてなししよう

外国人観光客から高い人気を誇り、年間を通して多くの観光客が訪れる京都には、日本文化を感じられるデザインの温泉旅館・入浴施設がいくつもあります。このため近年では、私たち日本人とは異なる文化・嗜好を持つ海外の人でも、温泉入浴や温泉旅館を楽しめるよう配慮する設備も増えてきました。日本、京都が好きな外国人観光客がリラックスして温泉と旅館滞在を楽しめるよう、本記事を参考にしてくださいね。

関連記事:関西・露天風呂付き客室の宿で海や山を眺めながらプライベートな癒しを

関連記事:京都観光におすすめ!美味しい精進料理が味わえるお寺はコチラ

関連記事:京都の美しいお寺で座禅体験! リフレッシュにオススメのお寺5選

コメント

タイトルとURLをコピーしました