グルメでケア

グルメでケアグルメでケア

食べものの栄養や健康情報、ご当地グルメや名産など、グルメでこころとからだをケアしたい人に役立つ情報を載せています。
グルメは旅の醍醐味のひとつです。楽しく健やかな旅にするのに役立ててください。

グルメでケア

アクアポニックスのメリットとデメリット|栽培可能な魚と野菜の種類とは

アクアポニックスとは養殖漁業も両立できる循環型農業です。魚と野菜の収穫が可能で環境にもやさしいため、SDGsの観点からも注目されています。今回は、アクアポニックスのメリットとアクアポニックスで栽培可能な魚と野菜の種類を紹介します。お魚や野菜が好きな人、環境問題に興味がある人、農業や養殖を始めたい人は参考にしてください。
グルメでケア

ヒノヒカリのおすすめ産地|コシヒカリに匹敵する旨さのブランド米

ヒノヒカリは、西日本を中心に流通しているお米の品種です。常用米として各家庭で親しまれていますが、特別栽培米、県別ブランド米として流通しているものも多く、ふるさと納税の返礼品や贈り物として選ばれることも多いです。今回は、西の横綱と呼ばれるヒノヒカリの特徴とおすすめの産地、美味しい炊き方のコツについて解説していきます。
グルメでケア

疲労回復には鶏肉が最適|IT疲労やリモート疲れには地鶏のお取り寄せがおすすめ

コロナ禍によるリモート化の拡大によって、以前よりも疲労を感じやすくなった人が増えています。この現象、脳の疲労の蓄積が原因であろ、早期の対策が必要です。今回は、稲毛病院佐藤務先生と熟成阿波尾鶏生産者貞光食糧工業株式会社様のご協力のもと、疲労回復に役立つイミダゾールペプチドを、お取り寄せで美味しく補給する方法を解説します。
グルメでケア

陸上養殖のメリット|安全で美味しい陸上養殖魚をお取り寄せして自然環境を守ろう

養殖には陸上養殖と海面養殖があり、それぞれメリットとデメリットがあります。陸上養殖は、安全面、経済面のメリットから、導入する企業や自治体が増えてきてます。今回は、事業者側、消費者側両方の目線から見た陸上養殖の魅力について解説します。また、陸上養殖魚を楽しむことは環境保護にもなるので、お取り寄せ方法についても紹介します。
グルメでケア

養殖ホタテと天然ホタテの違いと養殖方法|生産量ランキングとおすすめのお取り寄せ先

ホタテは回転寿司や居酒屋でも人気のメニューであり、世界的にも人気が高い食材です。日常で食べるホタテのほとんどは養殖ホタテといわれていますが、天然ホタテとどのような違いがあるのでしょうか。今回は、養殖ホタテと天然ホタテの違い、養殖方法による味の違い、国内の生産量ランキングとおすすめの養殖ホタテのお取り寄せ先を紹介します。
グルメでケア

陸上養殖サーモンのメリット|お取り寄せにおすすめのご当地サーモン一覧

養殖サーモンは、回転寿司などでも人気トップのお魚です。養殖サーモンは海外からの輸入が多いですが、最近は国産のブランド養殖サーモン「ご当地サーモン」も広く流通しています。今回は、お取り寄せにおすすめのご当地サーモン一覧と、陸上養殖の養殖サーモンのメリット、日本のサーモン養殖事情について詳しく解説していきます。
グルメでケア

養殖すっぽんの魅力|美味しいすっぽん料理をお取り寄せと観光で楽しもう

すっぽんは淡水性の爬虫類の高級食材です。日本でも古くから食べられていますが、現在は養殖のすっぽんの流通が大半を占めていることをご存知でしょうか。今回は、養殖のすっぽんの魅力について、美味しさと安全性をメインに解説していきます。産地や地方ごとのおすすめの養殖場も紹介するので、観光やお取り寄せの参考にしてください。
グルメでケア

ブリの旬はいつ?|ブリを1年中楽しむ方法と天然、養殖お取り寄せ情報

ブリは、脂の甘味と旨味が魅力の高級魚です。寒ブリの刺身やブリしゃぶなど、旬のブリを使った料理は、魚好きにはたまりませんよね。今回は、ブリの旬を産地別に詳しく解説します。実は、産地を選ぶことで美味しい旬のブリを1年中楽しむことができるのです。天然ブリ、養殖ブリのお取り寄せ情報も紹介するのでブリ好きの人は参考にしてください。
おすすめTrip

小田原観光ガイド|温泉、かまぼこ、アジフライ、釣り…小田原グルメとアクティビティを今こそおもいっきり楽しもう!

小田原城、地魚、ご当地野菜、食べ歩き、温泉、釣り、マリンスポーツなど、小田原では、さまざまな観光が楽しめます。すでに有名な観光スポットではありますが、小田原は熱海や箱根の影に隠れがちという特徴があります。実は、今こそ小田原旅行がおすすめなんです。今回は、小田原初心者におすすめな温泉、グルメ、アクティビティを解説します。
グルメでケア

完全養殖のメリットと今後の課題とは?近大、マルハニチロ以外の完全養殖成功例は?

養殖にはさまざまな手法がありますが、天然資源の維持・増加に最も効果的とされているのが「完全養殖」です。SDGs、サスティナビリティが注目されている昨今、産業としても非常に注目されています。今回は、完全養殖と他の養殖方法との違いやメリットとデメリット、今後の課題や実際に購入し食べる方法まで、わかりやすく解説します。
タイトルとURLをコピーしました