東京の離島「伊豆諸島」で森林浴の旅!穴場の癒しスポット4選

おすすめTrip
この記事は約5分で読めます。

(画像:東京都利島村HP

東京都の南に点在する島々・伊豆諸島。東京都内からジェットで約2時間半〜で行ける手近な距離にも関わらず、手つかずの自然が多く残されており、マリンアクティビティはもちろん、ハイキングや森林散策での見所も充実しています。今回はそんな伊豆諸島の、緑豊かな穴場の癒しスポットを4つご紹介していきます!

阿豆佐和気命神社/利島

大島の次に東京本土に近い伊豆諸島、「利島」をご存知でしょうか。
周囲は約8kmと小さく、人口は約300人、全体の80%がヤブツバキの樹木に覆われた緑豊かな島です。冬には約20万本もの椿の花が咲き誇り、椿油の名産地としても知られています。

利島で有名な観光名所は、開花期に真紅に染まる椿の段々畑や、ミナミハンドウイルカと一緒に泳げるドルフィンスイムなどですが、森林浴やパワースポット巡りで癒されたい方におすすめなのが、「阿豆佐和気命(あずさわけのみこと)神社」。伊豆諸島をつくったとされる事代主命の息子「阿豆佐和気命」を祭神とし、社殿は1760年に造られた利島最古の建造物です。

利島では毎年1/1~3の正月三が日、3つの神社に参拝して米とお神酒をお供えする「山廻り」の風習があるのですが、この神社のうち「一番神様」にあたるのが阿豆佐和気命神社です。シイやタブなどの原生の照葉樹林に囲まれ、深い緑と静寂に満ちた空間で、一歩足を踏み入れた瞬間心が洗われるような感覚を覚えることでしょう。

住所
東京都利島村1
アクセス
利島港から徒歩約10分

こもれびの森/式根島

美しいリアス式海岸で知られる「式根島」。透きとおった青い海、色とりどりの鮮やかな魚やサンゴ礁は絶景で、毎年夏はダイビングや海水浴をする観光客で賑わう島ですが、トレッキングや森林浴をひっそり楽しめる穴場スポットも魅力の一つです。

おすすめの場所が、御釜湾第一展望台や唐人津城(とうじんづしろ/荒涼とした岩場が広がる、断崖絶壁の地)への散策ルートにある「こもれびの森」。海の潮風に強いクロマツが生い茂る緑のトンネルで、季節ごとにアジサイ、スミレ、ツツジなどの花が咲き誇る、絶好の森林浴スポットです。森を抜けると海を見渡せる光景が広がり、深い緑と美しい青のコントラストに癒されること間違いなし。

住所
東京都新島村式根島
アクセス
式根島港から徒歩約20分

こもれびの森で散策後は、地鉈温泉でまったり

実は式根島は、温泉ファンからも人気の高い島。水着さえあれば、24時間いつでも好きな時に無料で入れる露天風呂が3ヶ所もあります。

中でも島を代表する名湯が、「地鉈温泉(じなたおんせん)」です。岩山を鉈で割ったような珍しい地形からこの名が付けられ、海が間近で眺められる露天風呂。神経痛や冷え性に効能があるとされ、別名「内科の湯」とも呼ばれています。

街灯が少ないので、夜に入浴すれば満点の星空のもと、贅沢な癒しのひとときが送れます。島巡りで疲れた体を安らげに訪れてはいかがでしょうか。

住所
東京都新島村式根島1006
アクセス
式根島港から徒歩約20分

タンテイロの森/御蔵島

「神様が宝をしまう蔵を置くために作られた島」という伝説の残る「御蔵島(みくらしま)」。外周16kmの小さな島ですが、シュノーケリングで野生のイルカと泳げる場所として人気の観光地です。また、全体が手つかずの原生林に覆われており、樹齢を重ねた巨木が点在する森林浴向きの島でもあります。

御蔵島は自然保護条例があるため、基本的にガイド同行なしで森に入場することはできませんが、「タンテイロの森」はガイドなしで誰でも散策できる唯一の森です。御蔵島村役場のすぐそばから森林散策路が整備されており、コースは数百mと歩きやすいのも魅力◎。

シイの巨樹が生い茂る森で木漏れ日が心地よく、1m以上の大きい葉っぱが特徴的なオオタニワタリ、希少な野鳥・オオミズナギドリとの出会いも楽しめます。森林浴がてらのバードウォッチングなど、伊豆諸島ならではの自然を手軽に体感したい方におすすめのスポットです。

住所
東京都御蔵島村南郷
アクセス
御蔵島港から車で約40分
電話番号
04994-8-2022(御蔵島観光協会)

迷子椎/三宅島

トレッキングやダイビング、バードウォッチングといった多彩なアクティビティが楽しめる、自然豊かな「三宅島」。活火山を抱きながら、太古から立ち並ぶ巨樹の森が残り続けている奇跡の島でもあります。

「迷子椎(まいごじい)」は樹齢600〜700年を誇る、樹高15m・幹周り7.5mの巨木のスダジイです。大路池(たいろいけ)周辺の原生林で成長した大木で、三宅村の天然記念物にも指定されています。「森に迷ってもこのシイの木を目標にすれば助かる」との言い伝えから、迷子椎の名が付けられたそう。

また迷子椎は、噴火を司る神が宿る御神木として祀られている、聖なる木でもあります。ひび割れた太い幹からは、数百年もの間、厳しい自然を生き抜いた生命力をひしひしと感じられます。森林浴でのリフレッシュはもちろん、大樹のエネルギーを体感できるパワースポットとしてもおすすめです。

住所
東京都三宅島三宅村坪田
アクセス
三池港からバスで約15分

おわりに:都心からのリフレッシュ旅行なら、東京の宝島・伊豆諸島へ!

伊豆諸島に点在する、自然のパワーがみなぎる森林浴スポットをご紹介しました。緑の空間で癒されるだけでなく、各離島ならではの地形や歴史、風習、神秘的な光景に触れられるのも魅力の一つ。東京都心からのリフレッシュ旅行を検討中の方は、アクセスもしやすい伊豆諸島へ是非!

関連記事:東京・伊豆大島でリフレッシュ旅!おすすめの森林浴&パワースポット4選

関連記事:東京都内にも森林浴ができるスポットが!おすすめ4選

コメント

タイトルとURLをコピーしました