トレッキングに期待できる健康効果って?登山とどう違うの?

体験・アクティビティ
この記事は約4分で読めます。

山登りに比べ、軽い装備や負担で楽しめる登山のことをトレッキングと言います。

今回はトレッキングに期待できる健康効果について、登山との違いや、安全に楽しむために注意すべきポイントと合わせて理解していきましょう。

登山とトレッキングの違いって?

山頂をめざし、ふもとから登っていく「登山」に対し、「山歩き」とも称されるトレッキングは必ずしも山頂をめざすものではありません

登山とトレッキングの線引きは難しいですが、一般的には、以下の要件を満たす山歩きのことをトレッキングとします。

一般的なトレッキングの要件
  • 山中を歩くが、必ず登頂を目的としたものではない
  • ただし、結果的に山頂付近から頂上まで登るケースも多々ある
  • メインコースは、高低差の少ない山頂付近の緩やかなコースである
  • 山頂付近の渓谷や湖、湿地帯、丘陵地など自然の景観を楽しんで歩く
  • 階段やロープウェイ、リフト、バスなど人工的な移動手段も積極的に使う
  • 歩く距離は、コースや本人の体力・年齢・体調によりさまざまである

上記をまとめると、本人に無理のない範囲で自然を楽しむことを第一目的とし、山を歩くことをトレッキングと定義できるでしょう。

トレッキングに勤しんでいるのは、主に「登山に挑戦したいが体力的に不安がある」、または「登頂の自信はないが山の美しさを楽しみたい」という人。
なお近年では、100㎞以上の長距離を歩いて山の自然を楽しむ「ロングトレイル」も、トレッキングの一種として人気を集めています。

トレッキングが健康にいいって言われるのはなぜ?

緩やかな高低差があり、独特の湿気や香り、美しい景色を楽しみながら歩くトレッキングは、私たちの心身に良い影響をもたらしてくれます。

まず、傾斜のある道を歩くことは筋力アップに非常に効果的です。
平地に比べ、高負荷の運動が可能になるトレッキングでは、筋力と骨密度アップに最適な「1日の最大体力の70%以上の運動」が行いやすいとされています。

1日の最大体力の70%以上の運動とは、10分で息が上がって汗ばみ、20分続ければ少しすねの筋肉が痛くなる程度の運動。

平地ではこの運動負荷を得ることが難しいとされていますが、山道であれば週に1回、高低差の少ないコースをトレッキングするだけで達成できます。

適度な運動で骨密度と筋肉量がアップすれば、体が動かしやすくなり、日常生活で転倒や骨折をするリスクが減ります。

さらに、筋肉の中で体の酸化・老化を防止するミトコンドリアという器官の数が増えるため、シワやシミ、動脈硬化などの老化症状の予防効果も得られるのです。

また、移り変わる景色や香り、湿度、温度を感じながら山を歩けば、精神的な緊張や不安、ストレスも緩和されるでしょう。

トレッキングには、私たちの心身双方の健康状態を向上させる効果が期待できるのです。

関連記事:森林浴にはどんな効果がある?

トレッキングをするとき気をつけることは?

最後に、安全にトレッキングを楽しむための注意点を解説します。出発前の準備や、トレッキング中の体調管理に役立ててくださいね。

出発前、トレッキングの準備段階での注意点

トレッキングは、長時間の有酸素運動です。このためトレッキング中には、気候や体温変化に対する適切な服装調節や、こまめな水分・エネルギー補給が必要となります。

トレッキングに臨むときは、背負いやすいザックに以下の装備を準備していきましょう。

  • 十分な量の飲料(ただし、山中で購入・補給できる場合は最低限の量でOK)
  • ジェル状の栄養ゼリーなど、運びやすく摂取しやすいエネルギー源
  • 通気性が良く、肌触りの良いアンダー、ベースレイヤーを下着として着用していく
  • 下着の上に、保湿を目的とした薄手のダウン、フリースなどのミドルレイヤーを着用
  • 気温や天候が急激に変化したときのために、レインウェアなどのアウターを用意する
出発後、トレッキング中に意識すべき注意点
  • 歩くときは、体の軸をまっすぐにすることを意識して軽く汗ばむスピードを保つ
  • 膝を傷めてしまわないよう、歩幅は小さく、テンポよく歩く
  • 登り始めて10分後には、靴やザックのフィット感、体調を見るための休憩を取る
  • 水分補給は喉が渇いたと感じる前に、1時間に1回を目安にこまめに行う

おわりに:山歩きを楽しむトレッキングは、私たちの心身の健康維持に効果的

比較的高低差の少ない緩やかなコースを、山の自然を楽しみながら本人に無理のないペースで歩くことをトレッキングと言います。登山との最大の違いは、必ずしも登頂を目的としないこと。緩やかなコースを長時間かけて歩くことで、適度な運動負荷による筋力・骨密度のアップや、自然の景色や香りなどによるリラックス効果を得ることを主な目的としています。本記事を参考に安全にトレッキングを楽しみ、健康効果を得てくださいね。

関連記事:初めてのトレッキングで忘れちゃいけない持ち物や服装

関連記事:トレッキングシューズの選び方って?普段履きの靴でもいいの?

コメント

タイトルとURLをコピーしました