餃子は美味しいバランス食|ニオイ対策をしてダイエットに役立てよう!

グルメでケア
この記事は約4分で読めます。

中国発祥の餃子は、各地でご当地餃子が誕生するほど日本で親しまれる食べ物ですよね。

今回は「完全食」と呼ばれることもある餃子について、その栄養価や健康への効果、そして健康・体重の管理に適した食品である理由を理解していきましょう。
お取り寄せや旅先のグルメを楽しむときの参考にしてください。

餃子がダイエットにおすすめな理由とは?

豚肉野菜で作った餡を小麦粉で作った皮で包む餃子は、人間の体に必要な五大栄養素のすべてを含んでいます。

餃子に含まれる五大栄養素

皮に含まれる「炭水化物」

体内で分解されると糖質となり、脳や体を動かすエネルギーとなります。

餡に含まれる「タンパク質」「脂質」「ビタミン」と「ミネラル」

タンパク質は体をつくる原料となり、脂質は皮膚や粘膜、体をつくる細胞を正常に保ち守る役割を果たします。

そしてビタミンとミネラルは、体を動かすエネルギーや細胞をつくる栄養成分の働きや、体内の細胞の働きを支える役割を担っています。

餃子の餡を構成する豚ひき肉にはタンパク質、脂質、ビタミンとミネラルのすべてが、野菜類にはビタミンとミネラルが豊富に含まれているのです。

これら五大栄養素が一口サイズにバランス良く含まれていること、そして健康や体重管理のためのカロリー計算がしやすいことが、餃子が完全食と呼ばれる理由です。

また炭水化物は薄い皮の部分だけなので、糖質を過剰摂取するリスクも低いと言えます。

メーカーや餡の内容によっても異なりますが、餃子の1個約24gあたりのカロリーは50キロカロリー前後。1人前の5個では、250キロカロリーほどです。

糖質とカロリーの摂取量をコントロールしやすいこと、そして栄養バランスの面から見ても、餃子は健康管理や体重管理に役立つ食品と言えるのです。

餃子の材料別の栄養は?

ここからは餃子に期待できる健康への効果を、定番の材料別に見ていきましょう。

皮の原料である小麦粉
人間の脳や体を動かすエネルギー源となる。不足すると筋肉量の低下、骨粗鬆症の悪化を引き起こす原因となるため、適量を摂取する必要がある。
餡に含まれる豚肉
糖質のエネルギー変換や代謝を助け、皮膚を粘膜の健康維持、疲労回復を促進するビタミンB1が豊富。主成分はタンパク質と脂質で、体を作り免疫力をアップさせる。
餡に含まれるキャベツ
キャベツは、コラーゲンを作る原料となり、抗ストレス・抗酸化作用のあるビタミンC、腸からの栄養吸収の促進や食後の血糖値上昇の抑制、排便をスムーズにする食物繊維が豊富。
餡に含まれるニラ
細胞の劣化・老化を防ぐポリフェノールの一種・フラボノイド、骨や歯の原料となるカルシウムが豊富に含まれているため、生活習慣病や老化予防に効果的。
餡に含まれるニンニク、ショウガ
  • ニンニクのにおい成分アリシンによる、消化と栄養吸収促進効果
  • ニンニクのスコルジニンによる、代謝と脂肪の燃焼促進、消化促進効果
  • ショウガのジンゲロンによる血行促進、発汗、脂肪燃焼の促進
  • ショウガのショウガオールによる血行と代謝の促進、抗酸化作用

気になる餃子のニオイを消すための対処法はある?

栄養バランスがよく、健康管理やダイエットに役立つおいしい餃子ですが、食べるうえでは独特のニオイが気になりますよね。

餃子のニオイの原因であるニンニクの成分・アリシンは、食後に胃から体内に吸収され、毛穴や肺から発せられるものです。

そこで、以下からは餃子のニオイをできるだけ早く消すためにできる対処法を紹介します。

餃子と食べ合わせるものを工夫する

食前・食中の牛乳やチーズなど乳製品を摂る

ニンニクのニオイ成分であるアリシンは、タンパク質と結合しやすい性質があります。
このため、前もって乳製品などタンパク質を摂取しておけば、アリシンとの結合を促しニオイを軽減する効果が期待できるのです。

食中・食後には緑茶やコーヒーを飲む

カテキンやフラボノイドなどのポリフェノールには、アリシンと結合する性質があります。
食事中、または食事の直後に緑茶やコーヒーを飲むようすれば、ニンニクのニオイを早く軽減することができるでしょう。

食後1時間以内にポリフェノールを含む食材を摂る

先述したように、ポリフェノールは餃子のニオイ軽減に効果的です。
食後すぐにリンゴ、キウイ、チョコレート、ブルーベリー、パセリなどポリフェノール豊富な食材を食べれば、ある程度の消臭効果が期待できますよ。

おわりに:栄養バランス良く低カロリーな餃子は、健康や体重管理に役立つ!

主食である小麦、主菜である豚ひき肉、副菜となり得る野菜類からできている餃子は、非常に栄養バランスの良い食品です。一口サイズの1個の中に、人間に必要な五大栄養素がすべて含まれています。さらに1個当たりおよそ50キロカロリー、1人前5個でおよそ250キロカロリー程度と計算しやすく、糖質量も低い。このため、餃子は健康や体重管理の必要のある人に適した食品だと考えられているのです。

関連記事:餃子のお取り寄せで旅行気分を楽しもう|おすすめご当地餃子一覧【2021年最新版】

コメント

タイトルとURLをコピーしました