弘前で観光と温泉を楽しむなら?岩木山の絶景を眺める露天風呂や自然散策などおすすめ温泉スポットを紹介

弘前城(弘前公園)から見た岩木山のイメージ画像おすすめTrip
この記事は約8分で読めます。

青森県の西部、海から離れた山手にあって津軽地方の中心都市である弘前は、温泉と自然を楽しめるスポットが点在する観光地でもあります。
今回は観光地としての弘前の魅力を、おすすめの温泉宿を4軒と一緒に紹介していきます。

弘前城や津軽ねぷた観光など弘前旅行は温泉をセットで楽しもう

青森県弘前市は、日本でも有数の湯処として知られるエリアです。温泉宿はもちろん、比較的安価で利用できる公衆浴場や市街地のスーパー銭湯でも、良質な温泉にかけ流しで入浴できます。

弘前のおすすめ観光スポット6選

弘前市は、情緒ある温泉地をはじめ、周辺に地域を代表する以下のような観光スポットがあります。弘前へ行くなら温泉地に宿泊し、観光と温泉をセットで楽しむのがおすすめです。

弘前城

  • 津軽統一を果たした津軽為信が計画し、その志を継いだ2代目藩主・信枚(のぶひら)の手によって1611年の築城された城
  • 天守や櫓、縄文、三重の水郷などが築城当時に近い状態で良好にのこる、全国でも稀有な城として知られる

▼ 弘前城

弘前公園

  • 弘前城の建つ公園
  • もともとは津軽藩主の居住エリアであったが、明治以降になってから公園として開放された
  • 貴重な文化財と、桜を楽しめる

▼ 弘前公園

弘前市りんご公園

  • 津軽の名産品であるりんごについての学習ができる
  • りんごグッズ、リンゴコレクションの閲覧と購入、りんごを見ながらの散策や収穫体験などもできる

▼ 弘前市りんご公園

岩木山神社

  • 780年、岩木山山頂に造営された社殿を起源とする神社
  • 金運や運気向上、縁結びなどさまざまなご利益があるとされており、たくさんの参拝客が訪れる

▼ 岩木山神社

津軽藩ねぷた村

  • 津軽らしい文化を体験できる施設
  • 弘前ねぷたまつりや津軽三味線の生演奏、民芸品の制作実演を楽しめる
  • お土産購入や津軽の郷土料理もおすすめ

▼ 津軽藩ねぷた村

最勝院五重塔

  • 1667年、津軽藩創設以来の戦死者を弔うために建立された本州埼北の五重塔
  • 東北一の美塔と称され、国の重要文化財にも指定されている

▼ 最勝院五重塔

関連記事:別名「津軽富士」岩木山の登山最短コースはどれ?温泉めぐりも楽しめるの?

星と森のロマントピア:美しい自然に囲まれて森林浴と温泉浴!家族や友達との旅行におすすめ

ここからは、弘前での滞在先におすすめの温泉宿を4軒紹介していきます。
1軒目に紹介するのは弘前の市街地から車で15分、世界遺産に登録されている白神山地へのアクセスも良い場所に建つ「星と森のロマントピア」です。

周囲を森、津軽富士と称される名峰・岩木山、そしてリンゴ園に囲まれたロマントピアは、およそ27haの面積があり、その広大な敷地内では、バーベキューハウス、テニスコート、コテージ、スキー場、天文台「銀河」などの施設が併設されていて、季節ごとにさまざまなアクティビティを楽しめます。

なかでも、青森県で唯一の公開天文台である「銀河」は、口径40㎝のカセグレン式反射望遠鏡を備えている、ロマントピアの目玉施設です。宿泊施設「星の宿白鳥座」には大浴場、温水プールも備えているため、温泉はもちろん季節を問わず水泳や水遊びも楽しめます。

大浴場には天上が高く開放的な内風呂「羽衣の湯」と、星空を望める露天風呂「星天の湯」、そしてドライサウナの3つの浴場を併設しています。内湯と露天風呂、どちらからでも雄大な岩木山を眺めながらの温泉入浴が可能です。

▼ 星と森のロマントピア

嶽温泉 山のホテル:青森ヒバの大浴場の癒しの香りと名物「マタギ飯」を味わおう

2軒目は、「嶽温泉 山のホテル」を紹介します。
嶽温泉 山のホテルは、岩木山の南麓にて320年もの歴史を持つ嶽(だけ)温泉から引く天然温泉が自慢の宿です。白壁に大黒柱のあるフロント、天然木の柱と囲炉裏があり、津軽ねぷた師による絵が掲示された客室と、民芸調に統一された館内は昔なつかしい雰囲気でいっぱいです。滞在中は食事を含む館内のすべてから、古き良き津軽情緒を感じることができるでしょう。

泉質・効能

嶽温泉は、白濁した湯色、濃い硫黄の匂いが特徴で、以下の泉質・効能を有しています。

泉質
酸性-カルシウム-硫黄泉
効能
神経痛、リウマチ性疾患、慢性皮膚病、婦人病、冷え、糖尿病

嶽温泉 山のホテルの大浴場はこぢんまりとしていながらも、青森名産の天然ヒバをふんだんに使用し作られた贅沢な空間です。大きな天井の梁に向け昇りゆく湯気の向こうには窓があり、木々が織りなす絶景を楽しめます。
静かで、プライベート感のあるお風呂でゆったりと温泉に浸かれば、身も心もリラックスしてポカポカになるでしょう。

マタギが楽しんだ釜飯は絶品

昼食には、ホテル併設の食事処・マタギ亭で「マタギ飯」をいただくのがおすすめです。
マタギ飯とは、かつて津軽地方に暮らしマタギと呼ばれていた猟師たちが好んで食べた三歳の混ぜご飯をベースに、山のホテル仙台館主が考案した釜めしのことです。鶏肉、マイタケ、タケノコ、ゴボウ、ニンジン、三つ葉、糸こんにゃくの入った当時としては日本初の釜めしであり、現在は山のホテルの名物料理のひとつとなっています。

▼ 嶽温泉 山のホテル

アソベの森いわき荘:「熱の湯」百沢温泉でゆったりしたら青森グルメを堪能

続いては、百沢温泉郷にある「アソベの森いわき荘」を紹介します。
百沢温泉は「熱の湯」と呼ばれる赤っぽく、鉄分を多く含む源泉が沸く温泉です。百沢温泉周辺には、国の重要文化財に指定されている岩木神社、高照神社や史跡、スキー場などがあるため、観光やスキーの後に立ち寄る入浴客から人気を集めてきました。
アソベの森いわき荘は、神が棲む森とされる、津軽地方の文化を育んできた岩木山のかつての呼び名「アソベの森」にちなみ名づけられた宿です。

泉質・効能

百沢温泉の泉質・効能は以下の通りです。

泉質
含重炭酸土類-弱食塩泉
効能
神経痛、関節痛、筋肉痛、リウマチ、五十肩、冷え

入浴施設としては青森ヒバで作られた香り高く、広々とした内湯大浴場と、ナラの原生林に囲まれた天然岩露天風呂を有しています。

青森の食材を存分に楽しめる会席・コース料理は予約必須

食事は、青森の山海の幸を使い作られる月替わりの会席または季節のコース、青森のお肉と海鮮を一度に楽しめる青森特産炭火焼きなどから、予算と好みに合わせて選択可能です。
ただし、料理の内容は季節により変わってきますので、あらかじめ確認のうえ予約をしてくださいね。

▼ アソベの森いわき荘

リコルソ弘前:市街百貨店の中天然温泉!買い物や観光がてら岩木山の絶景を味わおう

最後に紹介するのは、百貨店とホテル、食事処併設の温泉入浴施設「リコルソ弘前」です。
リコルソ弘前は、弘前駅のすぐ側にあり、観光はもちろん、食事のみの利用もできます。日頃の買い物のついでにも立ち寄りやすい「さくら野百貨店内」という立地の良さも人気の理由といえるでしょう。

リコルソ弘前の入浴設備は、百貨店内併設とは思えないほどしっかりしたもので、男女それぞれに専用の内湯大浴場と露天風呂、そして岩盤浴場まで備えています。ちなみに、露天風呂からは、男女どちらの浴場からも岩木山を望むことができます。

泉質・効能

リコルソ弘前で入ることのできる天然温泉、岩盤浴の泉質や特徴は、以下の通りです。

天然温泉

泉質
単純泉
効能
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、慢性消化器病、冷え、病後回復期、疲労回復

岩盤浴

女性用浴場岩盤浴
岩盤浴の石材の種類
ゲルマの石板、波動石
効能
疲労回復や代謝促進、血流促進、神経痛、肩こり、腰痛、冷えなど
男性用浴場岩盤浴
岩盤浴の石材の種類
北海道産の二股温泉石、竹炭
効能
疲労回復や代謝促進、血流促進、神経痛、肩こり、腰痛、冷えなど

リコルソ弘前、併設施設の情報

リコルソ弘前には、宿泊施設、リラクゼーション施設、レストランなどを併設しています。
それぞれの施設情報は以下にまとめていますので、参考にしてください。

ホテルリコルソ弘前
    • 洋室14室、和室13室、計27室を備えるホテル
    窓からは岩木山を見ることができる
整体処 ちょ~楽
  • ボディとフットへのマッサージを受けられるリラクゼーション施設
  • 20分2,000円〜
韓国式あかすり
  • 全身のあかすりからボディシャンプー、ヘアシャンプー、フェイシャルケアまで受けられる本場韓国式のあかすりサービス
  • 女性に人気で、30分3,600円から
CAFÉ NEiLDO(カフェネイルド)
  • カレーやオムライス、サンドイッチなどの軽食とドリンクをいただけるカフェレストラン

▼ リコルソ弘前

おわりに:弘前を旅行して温泉、史跡、文化まで、津軽を全部楽しもう!

かつて津軽統一藩主の城が築かれ、現在も津軽地方の中心都市として栄える弘前市。周辺には岩木山や岩木山神社、弘前城などの名所や、津軽の文化を感じられるスポットまで、津軽観光で外せない名所がたくさんあります。また日本有数の湯処でもあるため、比較的安価で岩木山を眺めながら入浴を楽しめる温泉宿やホテルに恵まれているのも特徴です。弘前を訪れるなら観光と温泉を一緒に楽しみ、津軽の歴史や文化に触れてみてください。

関連記事:青森の観光とセットで味わいたい温泉宿5選!スキーや登山アクティビティや伝統芸能・郷土料理を体感

関連記事:東北のレトロな温泉宿6選!タイムスリップした気分で名湯を堪能

コメント

タイトルとURLをコピーしました