断食後の回復食は何がいい? おすすめの食べ物を紹介!

デトックス
この記事は約4分で読めます。

辛い断食を終えた後の楽しみの一つが食事です。空腹に耐えてきた人は「何を食べようかな?」とワクワクしているかもしれませんが、急にいつもの食事に戻すのはNG。その前に「回復食」をとる期間を設ける必要があります。今回は、断食において「回復食」が重要な理由とおすすめの食べ物を紹介していきます。

断食後にとる「回復食」って?

断食(ファスティング)では、「準備期間→断食期間→回復期間」を経た後に、通常の食事に戻していきます。この「回復期間」で食べる食事を「回復食」と呼びます。

回復食の期間を設ける理由は以下の2つです。

休んでいた胃腸に負担をかけないため
いきなり消化しにくいものを食べたり、ドカ食いしたりすると、空っぽの胃腸が過度の刺激を受け、腹痛や体調不良を引き起こす可能性がある
リバウンドを防ぐため
断食直後の体は飢餓状態にあるので、必要以上にたくさんの栄養分を吸収しようとしてしまうため。以前よりも食事が脂肪として蓄えられやすくなっているので、軽い食事から始める必要がある

なお、断食期間は長ければ長いほど、その分準備期間と回復期間を長く設ける必要があります。1日のプチ断食でも、回復期間は1日設けるようにしましょう。

回復食におすすめの食べ物は?

回復食には、空腹状態の胃腸にも負担にならない、消化しやすいものを選びましょう。おすすめの食べ物としてよく挙げられるのが、「まごわやさしい」の合言葉で覚える食材です。

  • ま:豆類(豆腐や納豆など)
  • ご:ごま、ナッツ類
  • わ:わかめなどの海藻類
  • や:野菜(大根以外の根菜は避ける)
  • さ:魚(※かつおだし)
  • し:しいたけ、しめじなどのキノコ類
  • い:芋類(里芋など)、穀物

(※「さ」に当たる魚類は動物性タンパク質なので、断食明けにたくさん食べると胃腸の負担になることがあります。「お出汁」以外の摂取は控えめにしましょう。)

無糖ヨーグルト、キウイやリンゴ、柑橘系のフルーツなども、少なめであれば問題ないです。

ダイエット目的なら、おかゆ・バナナは避けよう

断食明けの食事としては、消化にいいおかゆも適しています。ただし、おかゆは糖質が多いので、栄養吸収率の高まった胃腸に入ると脂肪として蓄えられやすく、リバウンドの可能性が高まってしまいます。

ダイエット目的で断食をした人が回復食をとるなら、先ほど紹介した「まごわやさしい」やヨーグルト、フルーツ類のほうがいいでしょう。なお、フルーツの中でもバナナやマンゴーなど、糖質が多く甘みの強いものはリバウンドの原因になるので避けたほうがいいかもしれませんね。

回復期に避けたほうがいい食べ物って?

断食後の回復期は、以下のような「消化に負担のかかるもの」や「刺激の強いもの」は避けましょう。

  • 肉類
  • 揚げ物などの脂っこいもの
  • カフェイン
  • 炭酸
  • 人参、レンコン、じゃがいも、かぼちゃ

人参、レンコン、じゃがいも、かぼちゃと行った根菜類は糖度が高いので、血糖値を急上昇させ、血管に負担をかけてしまう可能性があります。同様の理由で、お菓子や糖度の高いフルーツも摂取は避けたほうがよいです。

コンビニで買える、回復食でおすすめのものは?

「回復食を自力で作るのが面倒くさい…」という人におすすめなのが、コンビニで手軽に買える回復食です。断食明けの食事に向けて、以下のものを事前に購入しておくと便利でしょう。

インスタント味噌汁
味噌に含まれた酵素は、消化・吸収をサポートしてくれます。胃の負担を減らすためには「具なし」の味噌汁がおすすめなので、できれば具材と味噌が分かれているインスタント味噌汁と選びましょう。
豆腐
消化によく、植物性のタンパク質が豊富に含まれています。温めて湯豆腐にすると、より消化によくなります。
おでんの大根
コンビニで売られているおでんの大根は、柔らかく煮込まれていて消化しやすく、また大根自体に消化を助ける成分が含まれています
レトルトの白がゆ
ダイエット目的での断食の場合は避けたほうがいいですが、レトルトの白がゆは回復食として便利。そのまま食べると重すぎるので、水を足して煮込み、上澄みの部分だけ食べましょう。
納豆
回復食の後半におすすめなのが納豆。味噌と同じく、消化・吸収をサポートする酵素が豊富に含まれていて、タンパク源にもなります。

おわりに:断食明けの体調不良&リバウンドを避けるために、適切な回復食選びを!

断食明けは、空腹感の反動でドカ食いしてしまう人もいますが、普段通りの食事をとっても胃腸への負担となります。突然の腹痛や体調不良を避けるには、消化・吸収しやすい回復食を挟むことが大切です。断食の目的に合わせて、適切な食べ物を選ぶようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました