タラソテラピーってどんな自然療法なの?

ウェルネスツーリズム
この記事は約4分で読めます。

エステやスパなどで「タラソテラピー」のメニューがあるのを見たことはありませんか。

今回はタラソテラピーとは何か、タラソテラピーに期待できる健康や美容への効果、行ううえでの注意点などと合わせて理解していきましょう。

タラソテラピーって?

地球上のあらゆる生命の源であり、人間の血漿に近いミネラルバランスを持つ海の力を利用し、病気治療や健康増進をめざす自然療法が「タラソテラピー」です。

具体的には、以下のよう処置・サービスの内容が、タラソテラピーに含まれています。

タラソテラピーの標準的なメニュー例
  • 海水の水圧、温度、成分などを利用し効果を得ようとする「ハイドロセラピー(水治療法)」
  • 陸上と海水中での運動を、前後のマッサージと合わせて行う「キネジセラピー(運動療法)」
  • 海藻を用いたパックや、熱による刺激を与えることで体に生理的反応を起こさせるテルモセラピー(温熱産療法)」
  • 海洋性気候を体感しながら、海の近くでの運動やリラックスを促す「クリマセラピー(気候療法)」

日本ではエステやスパなど、女性向け美容サービスのメニューのひとつというイメージの強いタラソテラピーですが、ヨーロッパでの認識は異なります。

地中海周辺など、古くから積極的にタラソテラピーが行われてきたヨーロッパの海岸地域では、現代医学・科学に基づく健康増進法、治療法の一種と考えられています。

このため、ヨーロッパの海岸地域には必ずと言っていいほど、海洋資源を利用した健康増進または治療を行うタラソテラピーセンターが設置されているのです。

タラソテラピーにはどんな効果が期待できる?

タラソテラピーを受けることにより、以下のような効果・効能を得られると期待できます。

浮力による運動効果

浮力、水圧、独特の粘性が生じる海水の中で運動をすると、陸上に比べ体を動かしやすいだけでなく、程よい刺激や筋肉の緊張をほぐす作用も期待できます。

栄養による美肌・健康効果

タラソテラピーで使われる海水や海藻、泥にはさまざまなミネラル、ヨード、マグネシウム、カルシウムなどの栄養素が含まれています。

このため海水に使ったり、海藻や海底の泥からできたパックをすることで、体からの老廃物の排出が促進されたり、肌の調子を整える作用お期待できるでしょう。

リラックス効果

海水や海藻、海底の泥に含まれるミネラルには、全身の血行を促進して体温を上げ、心身の調子を整えてくれる作用があります。

このためタラソテラピーにより、冷えや継続的なストレス・緊張の緩和、自律神経の働きを整えるなどのリラックス効果と、これによる心身の健康増進効果が見込めるのです。

タラソテラピーの注意点は?

タラソテラピーを受けるにあたっては、以下の注意点を理解しておきましょう。

きれいな海、適した気候下で受けなければ逆効果

海水や海藻、海底の泥などの海の恵みと周辺の気候を活用して心身のリラックス、健康増進をはかるタラソテラピーは、適した環境下で実施しなければ意味がありません。

汚染された海や、極端に暑い・寒い気候下でのタラソテラピーは、逆に受ける人の体調を悪化させたり、精神的ストレスを与える可能性があります。

体質や持病によっては、受けられない可能性がある

以下の条件に当てはまる人は、タラソテラピーを受けられません。

タラソテラピーを受けられない人
  • 海藻またはヨウ素アレルギー、甲状腺障がいがある、または16週未満32週以上の妊婦など、海藻に含まれるヨードの摂取に危険を伴う人
  • ごく最近に手術、外傷を受けたり、風邪をひいた人
  • 皮膚疾患で通院している、または肌が弱い自覚がある人
  • 高血圧や体力的な不安から、医師に運動や体を温めることを制限されている人
  • パニック障害、不安障がいなどがありメンタル面に不安がある人
  • 飲酒後の人

注意点をよく理解し、自身がタラソテラピーを受けられるかどうかを確認したうえで、サービスを提供している施設を探してみましょう。

おわりに:タラソテラピーは海と、周辺の気候を利用した自然療法

水や海藻、泥、潮風や気温、砂浜の感触などに至るまで、海とその周辺気候を利用し健康増進をはかる自然療法を、タラソテラピーと言います。施術を受ければ、水圧や水流による運動効果、海に含まれる栄養素による美容効果、心身のリラックス効果が期待できます。ただし、美しい海と温暖な気候を併せ持つ地域で実施しなければ、本来の効果を得られません。効果と合わせ、施術を受けるうえでの注意点も覚えておいてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました