西表島のジャングルで森林浴!おすすめスポット&宿を紹介

おすすめTrip
この記事は約5分で読めます。

天然記念物「イリオモテヤマネコ」の生息地として有名な西表島は、島全体の90%以上がジャングルに覆われた緑の宝庫。海に囲まれ、山や川、滝、多種多様な生き物が存在する「日本最後の秘境」ともいわれる場所で、自然を満喫することができます。そんな西表島のおすすめ森林浴スポット&宿をご紹介していきます!

西表島マングローブ林/八重山郡・竹富町

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

西表島にある仲間川、浦内川、後良川、ゲータ川、クーラ川などの河川では、日本最大級のマングローブ林が広がっています。

マングローブとは、熱帯や亜熱帯で海の干満により、水位の変化を繰り返す「潮間帯」という特殊な環境に生育する植物の総称。日本には7種類のマングローブが生息していますが、その全てが見られるのは西表島だけです。

View this post on Instagram

サキシマスオウノキ #東村にある村指定天然記念物、 #サキシマスオウノキを訪ねてきました。 #この板のような根っこを地中と地上に #堂々と張り巡らせている姿は本当に力強い生を感じましたよ。 #本島にもこんな野性的な植物ってあるんですね。 _______________________________________________________ 住所:沖縄県国頭郡東村平良(この住所で案内されていますがGoogleMapだと迷います。「東村立山と水の生活博物館」を目印に向かうと標識と案内で辿り着けました。)_______________________________________________________ #サキシマスオウノキ#東村#村指定天然記念物#本島北部#おきなわLikes#沖縄写真コンシェルジュ#japan#okinawa#沖縄#写真好きな人と繋がりたい#写真を転載ではなくてRepostして頂けると嬉しいです^ ^ ________________________________________________________ ・カメラ:EOS5Dmk2 ・レンズ:16-35mm(35mm側) ・カメラ設定 ホワイトバランス:4300k 絞り:f10 シャッタースピード:1/15 ・ピクチャースタイル:standard ISO感度:100 ・撮影日:2016年8月6日の14:00 少し暗い場所なので三脚を立てて撮影しています。 ________________________________________________________ Sakishimasuounoki Village designated natural monument in Higashi village, I have to visit Sakishimasuounoki. The roots, such as of the plate in the ground and the ground Figure that majestically stretched around felt really strong production. It Is there such a wild plant to the main island. ________________________________________________________ Location : Higasi village

A post shared by おきなわLikes (@okinawa_likes) on

マングローブの中でも特におすすめなのが、仲間川にある巨大な樹木「サキシマスオウノキ」。見板状の根が特徴的で、次世代への財産として残すべき樹木として「森の巨人たち百選」にも選定されています。仲間川流域ではマングローブクルーズやカヌー、トレッキングなどのアクティビティも充実しており、木々を間近に観察することができるのも嬉しいポイント◎。

住所
沖縄県八重山郡竹富町西表島
アクセス
「仲間港」から徒歩で15分
電話番号
098-868-8829(沖縄森林管理署)

大見謝ロードパーク/八重山郡・竹富町

西表島のマングローブ林を、実際に散策しながら森林浴をしたい方には、大見謝川沿いにある「大見謝(おおみじゃ)ロードパーク」がおすすめ。マングローブ林の中を進める遊歩道で、海を見渡せる展望台もあり、身近に西表島の自然を体感できます◎。

大見謝ロードパークは夏場の川遊びでも人気のコースで、沢近くでは厳しい自然が育んだ円形状の穴「ポットホール」(川の窪みに入った小石が水流によって転がり、岩を削ってできたもの)も多数見られます。マングローブ林の散策中、西表島特有の風景を楽しめるのも見どころの一つですね。

(※年間を通じてサキシマハブが出るので、散策中見つけても絶対に近づかないようにしましょう。)

住所
沖縄県八重山郡竹富町字高那
アクセス
「上原港」から車で約15分
電話番号
0980-82-5445(竹富町観光協会)

西表島でおすすめの宿泊ホテルは?

はるばる西表島まで旅行に来たのなら、島ならではの景観が堪能できる素敵な宿に泊まりたいところ。宿泊しながら美しい自然も楽しめる、イチオシのホテルを2つご紹介します。

西表島ジャングルホテル パイヌマヤ/八重山郡・竹富町

西表島の中でも人里を離れ、亜熱帯の大自然に囲まれたホテル「パイヌマヤ」。周囲には民家やお店がなく、ジャングルに包まれた癒しの空間が広がっています。客室の窓を開けると亜熱帯のジャングルがすぐ側にあり、川のせせらぎや野鳥の鳴き声が聴こえる、まさに自然と調和したホテルです。

パイヌマヤの魅力は、その立地環境だけではありません。専属ガイドが西表島の夜の世界を案内するナイトツアー、カヌーやトレッキングが楽しめるジャングルピクニックなど、宿泊とセットで楽しめるアクティビティも充実しています◎。

さらに、ホテルのレストランでは西表島の地元の食材を活かした、地産地消の島料理が味わえるのも魅力。マングローブでの森林浴やカヌーでお腹を空かせた後、ゴーヤーチャンプルーやミミガー、石垣産車海老などのご当地グルメを堪能するのも旅の醍醐味の一つになりそうです。

住所
沖縄県八重山郡竹富町字高那243
アクセス
「大原港」から送迎バスあり(所要時間約30分。利用する場合は前日までに電話予約が必要)
電話番号
0980-85-5700
料金
西表島の秘境で過ごす癒しのステイ【朝食付】プラン:8,000円〜(大人2名でスタンダードルーム利用時・1名当たり/朝食付/税込)

ラ・ティーダ 西表リゾート/八重山郡・竹富町

View this post on Instagram

. . 1日目は西表島へ*⋆✈︎ 静かでとてもいいところでした。 お宿は#ラティーダ西表リゾート 目の前は海!お部屋はコテージ!別棟に温泉! ヤギもいるし自然たーくさん! . . #trip#mytrip#わたしの旅#世界を知りたい#女子旅#womantravel #womantrip #そうだ旅に出よう #日本の絶景 #地球は丸い #pictureoftheday #tripstagram #もりぽ旅#そうだ旅しよう#日本をもっと知りたい#日本を旅する#japantrip#travelphotography#旅が好きな人と繋がりたい#ラティーダ西表島#カンパネルラの湯#西表島#マーレの浜#銀行員はマーレと聞くと保険を想像する#青い空#青い海#もりぽの石垣島旅行記

A post shared by * moriporian * (@moripo.nao17) on

赤瓦の屋根とオーシャンビューの景色が特徴的なリゾートホテル、「ラ・ティーダ」

西表島は日本有数の美しい星空が見られる場所ですが、リゾート内の天然温泉施設「カンパネルラの湯」では、天候がよければ空に輝く南十字星や天の川などの絶景が望めます。目の前に広がるサンセットや星空の絶景を楽しみながらゆったり浸かれば、天然温泉の疲労回復効果も相まって、心身がリフレッシュしていくことでしょう。

ラ・ティーダのもう一つの魅力が、海のパノラマビューを眺めながら沖縄料理を堪能できるオーシャンビューのレストラン。地元でとれた魚や肉、野菜をふんだんに使った絶品の和風琉球ディナーや、地酒の泡盛を味わえます。実は八重山郡は肉牛の産地でもあり、とろけるように美味しいステーキも人気メニューの一つです◎。

住所
沖縄県八重山郡竹富町字南風見508-205
アクセス
「大原港」から送迎バスあり(所要時間約5分。利用する場合は前日までに電話予約が必要)
電話番号
0980-85-5555
料金
ラ・ティーダ 西表スタンダードプラン【2食付】:12,400円〜(大人2名で本館スタンダードツイン利用時・1名当たり/朝・夕食付/税込)

おわりに:マングローブ林での自然体験の後は、素敵なホテルでリフレッシュ!

沖縄県の離島、西表島ならではの壮大な自然が満喫できるスポットと宿をご紹介しました。国内で最大級のマングローブ林をカヌーや遊歩道で散策した後は、星空を望める天然温泉に浸かったり、絶品の琉球料理を堪能したりすれば、旅や日頃の疲れがほぐれること間違いなし。雄大な自然との一体感を楽しみたい方は、ぜひ西表島へ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました