アスパラ菜の栄養効果と美味しさを活かすコツとは?

アスパラ菜のイメージ画像お野菜辞典
この記事は約3分で読めます。

アスパラ菜は、アスパラに食感が似ている菜の花のような野菜です。油との相性が良く、火を通せば色々な料理に使えるので、レパートリの幅を広げるのに便利です。
今回は、アスパラ菜の栄養効果と料理での活かし方のポイントについて食材大辞典としてまとめました。

アスパラ菜の特徴と期待できる栄養効果は?

アスパラ菜は、「オータムポエム」や「愛味菜」といった名前で出回っている菜の花に似た野菜で、花芽や緑色の柔らかな葉、茎が食用となります。中国野菜を交配してできた比較的新しい緑黄色野菜で菜の花のような苦味などがなく、アスパラガスとは関係ありませんが食感や甘い風味が似ていることからこの名がつきました。

抗酸化で美容と健康を維持
抗酸化作用を持ち免疫力を高めるβカロテンを豊富に含む
ビタミンC、ビタミンEも含み、老化現象やさまざまな生活習慣病、がんなどを予防に役立つ
βカロテンは体内でビタミンAに変わることで。髪や視力、粘膜や皮膚の健康を維持する
疲れた体と心を回復させる
食物を体内でエネルギーに変える「疲労回復ビタミン」、ビタミンB群も豊富
ビタミンB群は、神経痛や鬱などの精神面の回復にも役立つ
ビタミンCやカルシウムにもストレス抑制作用がある
血や骨の健康を守る
高血圧を予防するカリウム、貧血を予防する鉄、骨をつくるカルシウム、マグネシウム、リンなどのミネラルを豊富に含む
骨を丈夫にし骨粗しょう症などを予防する
カルシウムの吸収を助け、出血を止める働きのあるビタミンKも豊富

そのほか、便秘を解消し腸内環境を改善する食物繊維維なども豊富です。

アスパラ菜の選び方と保存方法のポイントは?

アスパラ菜の選び方と保存方法のポイントは、以下の通りです。

アスパラ菜の選び方のポイント
なるべく花が咲いていない若い物で、全体にしゃきっとした張りとみずみずしさがあり、葉や茎がやわらかい新鮮なものを選ぶ
切り口の変色は要チェック
アスパラ菜の保存方法のポイント
日持ちしないので購入後は早めに使いきる
保存するときは、乾燥しないように湿らせたキッチンペーパーなどに包んでからポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に根の方を下にして立てておく
食味は落ちるが、さっと硬めに茹でてから冷凍することでも保存可能

アスパラ菜のおすすめの食べ方と正しい下茹で方法は?

アスパラ菜は、菜の花のようにお浸しやゴマ和え、サラダ、炒め物、パスタ、天ぷらなどいろいろな料理に使え、基本的に生では食べずに一度火を通します。下茹では、すぐに食べる場合は熱湯で30秒から1分茹で、すぐ食べない場合は熱湯に対して塩を2%ほど入れて茹でるのがポイントです。塩を入れることで葉の酸化、変色を防ぐとともに栄養素を逃がしにくくします。

定番はお浸しやあえ物などですが、油との相性も良く、バターやニンニクを効かせたオリーブ油や胡麻油など味付けした油と和えたものも美味しいです。炒め物やパスタの具にするなら、最後にさっとからめるようにして気持ち良い歯ざわりを残しましょう。天ぷらにするなら下茹ではせず、軸の根元を持って天ぷらの生地に花芽をくぐらせて熱した油にそっと落としましょう。

おわりに:美容と健康を守り、疲れた心身を回復します。食べるまでの時間が下茹でを決めます

アスパラ菜には、美容と健康の維持や心身の疲労回復、血や骨の健康維持などさまざまな栄養効果があります。基本的に一度火を通しますが、すぐに食べるなら下茹では1分まで。そうでないなら熱湯に対して2%の塩を入れて茹でるのがポイントです。お浸しや和え物などにするほか油との相性もよく、炒め物、パスタ、天ぷらなどいろいろな料理に使えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました