草津温泉三湯《 大滝乃湯・西の河原露天風呂・御座之湯》巡りはスキーやゴルフのレジャーと一緒がおすすめ

おすすめTrip
この記事は約8分で読めます。

群馬県にあり、全国的に有名な温泉地である草津温泉。毎分32,300Lと日本一の湧出量を誇る温泉地の周辺には、レジャースポットも多いです。

そこで今回は草津三湯と呼ばれる大滝乃湯、西の河原露天風呂、御座之湯の魅力と、これらの湯めぐりをより楽しくする周辺のレジャースポットの情報をまとめて紹介します。

煮川温泉 大滝乃湯:温度の違う合わせ湯でぬるま湯から熱々までの変化を感じて

草津三湯のひとつめ「大滝乃湯」は、古くから草津で使われてきた「あわせ湯」の浴槽がいまものこる入浴施設です。あわせ湯とは、加水せず源泉を自然冷却させて適温にする、昔ながらのシステムのこと。
大滝乃湯の場合、5つの浴槽が高低差をつけてつながっており、源泉に近い上段の浴槽が最も熱く、源泉から遠い下層の浴槽に行くほどお湯がぬるくなります。

最も源泉に近い上段浴槽のお湯の温度は、およそ46度。はじめは透明に近い湯色をしていますが、下層の浴槽にいくにつれ白濁し、色の変化も楽しめます。大滝乃湯は、男女それぞれにあわせ湯、露天風呂、大浴場を備えており、女性用のあわせ湯は垂直に5つ、男性用のあわせ湯は園を描くように少し離れて5つ配置されています。

お風呂の種類・概要

大浴場と露天風呂
男性用、女性用ともに1回にある
2つの浴室はつながっており、いずれも広々とした浴槽と木でできた浴室が特徴
打たせ湯、サウナも大浴場に併設
あわせ湯
女性用は1階に、男性用は地下1階にある
男性用は露天からそのまま移動でき、薄暗く幻想的なムード
女性用は脱衣所、露天風呂の両方から移動でき、明るい雰囲気で西洋的なつくり

泉質・効能

大滝乃湯の施設全体に注ぐ、草津温泉のうち煮川源泉の泉質・効能は以下の通りです。

泉質
酸性硫黄泉
効能
神経痛、関節痛、打ち身、ねんざ、やけど、慢性消化器病、美肌、慢性婦人病

なお、プライベートに入浴したい人向けに、大浴場と同様に源泉かけ流しの貸し切り風呂も用意されています。家族やカップルでの混浴もできるので、うれしいですね。

また大滝乃湯には、食事処も併設されています。くま笹ざるうどんや、ソースヒレカツ丼など、B級グルメを気取らずいただけるので、入浴の合間に利用しましょう。

▼ 煮川温泉 大滝乃湯

万代温泉 西の河原露天風呂:毎週金曜は混浴の日!トレッキングやハイキングデートコースにもぴったり

草津三湯のふたつめは、草津温泉のうち万代源泉の「西の河原露天風呂」を紹介します。森林の中にある入浴施設は、男湯・女湯をあわせると500㎡もの面積になるという、野趣あふれる広大な露天風呂です。

昼間は周囲の木々と青空を見上げながら、そして夜には、ライトアップされた幻想的な露天風呂での入浴を楽しめます。マグマに近いため高温で湧出し、草津温泉のなかでも殺菌・抗炎症効果に優れる万代源泉の泉質・効能は、以下の通りです。

泉質・効能

泉質
酸性塩化物硫酸塩温泉
効能
神経痛、関節痛、打ち身、やけど、慢性消化器病、美肌、慢性婦人病、病後回復

なお、西の河原露天風呂では2018年7月より、毎週金曜日の17時30分~20時まで、混浴イベントを開催しています。このため金曜日の夕方以降は男湯に相当する部分が混浴となり、湯あみ着または水着を着た男女が、一緒に混浴できます。

ただし、女湯に相当する部分は通常通り女性専用のエリアとなり、女性だけが湯あみ着の着用なしで利用できる仕様となります。男性は必ず混浴となり、男性用の湯あみ着を着用しなければならなくなりますので、注意しましょう。

また、西の河原露天風呂に隣接する「西の河原公園」は、全国第2位の面積を持つ「上信越高原国立公園」の特別区です。西の河原公園からは、河原のいたるところから毎分1,400Lもの温泉がわき出す独特な風景を見ることができます。
一方、滋賀公園や浅間山、軽井沢、志賀高原などを有する上信越国立公園は、雄大な山や高原の景色が見られるレジャースポット。体力に余裕があれば、周辺でトレッキングや散策をしてから、温泉入浴すると良いでしょう。

▼ 万代温泉 西の河原露天風呂

湯畑 草津温泉 御座之湯:草津のシンボル地の滞在は浴衣レンタルで街に溶け込もう

草津三湯、最後のひとつは湯畑・万代の2つの源泉をもつ「御座之湯」です。御座之湯は、江戸から明治期にかけてこの地域に存在した5つの共同浴場のうちひとつを、当時の趣も含めて再建したもの。その名の由来は、この地に狩りに訪れた源頼朝公がお座りになられた石があったことにちなみ、付けられたと伝わっています。

御座之湯で入浴をすれば、江戸から明治期にかけての趣と、長く草津で培われてきた温泉の歴史・文化を肌で感じられるでしょう。また、とことん草津の街に溶け込むため、御座之湯の番台で外出用浴衣のレンタルをして、浴衣で出歩くのもおすすめです。
外出用浴衣のレンタルは3時間2,500円で、日帰りで草津を訪れた人も気軽に楽しめます。浴衣をレンタルしたい旨を伝えると、色浴衣一式と竹カゴ、下駄、御座之湯での入浴権とロッカーも購入できるので、入館手続きの際に番台に申し出ましょう。

お風呂の種類・概要

御座之湯の浴場は「木之湯」と「石之湯」の2種類あり、日によって変わる男女入れ替え制です。

木之湯
浴槽に檜、柱にヒバ、床にナラ、天井に杉の木を使って作られた大浴場
湯畑源泉のお湯を使用している
石之湯
重厚感のある御影石で浴槽と床を設え、壁と天井は木で作られた大浴場
万代源泉のお湯を使用している

なお源泉のうち、まだ解説していない湯畑源泉の泉質・効能は以下の通りです。

泉質
酸性硫黄泉
効能
神経痛、関節痛、打ち身、捻挫、やけど、慢性消化器病、美肌、慢性婦人病、病後回復期

▼ 草津温泉 御座之湯

アプリで湯めぐり♪草津三湯電子スタンプにチャレンジしよう

草津温泉では、三湯である大滝乃湯、西の河原露天風呂、御座之湯を対象とした、湯めぐりスタンプカードを行っています。ただし、スタンプカードと言っても紙ではなく、アプリを使った電子スタンプカードです。

専用アプリをダウンロード・登録したうえで、三湯いずれかの入場料支払いの際にアプリ画面を提示すると、スタンプを1つもらえます。特典は、スタンプを5個集めるごとに三湯いずれかの入浴が1階無料になること。

集めれば集めるほど、湯めぐりがますます楽しくなるシステムですので、滞在中にアプリをダウンロードしましょう。なお、スタンプをもらえるのは三湯いずれかで500円以上の入場料を支払う場合のみです。割引、無料券などを使って入場する場合はスタンプももらえませんので、注意しましょう。

▼ 草津三湯電子スタンプカード

温泉街散策には草津温泉グルメが欠かせない!

湯めぐりをしながら草津の温泉街を散策するなら、グルメめぐりも欠かせませんよね。以下に、草津温泉でおすすめのグルメスポットを6カ所紹介しますので、食べ歩きの参考にしてくださいね。

大野家
天ぷらやうどん、特製ソースをくぐらせたソースカツ丼などの丼物、うなぎ料理を味わえるお店
大野家HP
お食事処 暖
分厚い豚肉の生姜焼き定食が食べられるお店。草津の有名店で、地元客も観光客も訪れる
お食事処 暖HP
上州地粉うどん まつもと
群馬県の郷土料理と、うどんのお店。群馬名物のひもかわうどんの他、陶器には郷土料理のおっきりこみも食べられる
上州地粉うどん まつもとHP
らーめん壱番
まろやかなコクとうまみ、モチモチの麺が病みつきになる上州みそらーめんの人気店
らーめん壱番HP
草津温泉 湯の香本舗
ソフトクリームやお菓子などの軽食と、お土産が買えるお店。人気商品は群馬検査小麦粉を使用した、手作りの草津温泉クッキー
草津温泉 湯の香本舗公式HP
草津たまごファーム
地鶏の卵でつくる、オリジナルお菓子のお店。人気商品は卵のカステラと、草津ぷりん
草津たまごファームHP

草津温泉スキー場&ゴルフ場のレジャーやアクティビティもおすすめ

温泉とグルメ以外にも、豊かな自然を活用したレジャーを楽しめるのも、草津温泉の良いところです。

まずおすすめしたいレジャースポットが、難易度の異なる5つのゲレンデを有する「草津温泉スキー場」です。

草津温泉スキー場のゲレンデ

青葉山第一ゲレンデ
滑走距離250m、平均斜度21度、富士山が見えることもある標高1,600mのコース
青葉山第二ゲレンデ
滑走距離360m、平均斜度15度、スキー・スノボに集中したい人におすすめのコース
おなり山ゲレンデ
滑走距離250m、平均斜度8度、草津温泉の町並みを意図房で着る初心者向けコース
天狗山ゲレンデ
滑走距離450m、平均斜度16度、初心者から上級者まで楽しめるメインコース
ファミリーゲレンデ
滑走距離450m、平均斜度8度で、ゲレンデ初心者や子どもの練習に適したコース

冬に草津温泉を訪れるなら、ゲレンデでウインタースポーツを楽しむと良いでしょう。対して、春から秋にかけて草津温泉を訪れる人におすすめしたいのが、草津温泉ゴルフ場の利用です。標高1,300mの地点にあって、草津白根連峰が作り出す自然な起伏を活かしたコースで、白樺や落葉松を眺めながらのゴルフを楽しめます。

草津温泉からの所要時間は車で5分、プレー終了後には大滝乃湯の入浴券までもらえると、温泉入浴と一緒に楽しむのに申し分ありません。お好きな方はもちろん、まだゴルフをやったことがないという人も、草津温泉と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

▼ 草津温泉スキー場 ウィンターシーズン

▼ 草津温泉スキー場 グリーンシーズン

おわりに:レジャーで体を動かした後の草津温泉の湯めぐりは、格別!

言わずと知れた名湯・草津温泉は、複数の源泉と日本一の温泉湧出量を誇る温泉地です。このため、かなり早くから温泉地としての開発が進み、周囲にはスキー場やゴルフ場など、自然・気候を活かし楽しめるレジャースポットも揃っています。せっかく草津温泉に行くなら、周辺施設でしっかり体を動かした後に、温泉入浴を楽しんではいかがでしょうか。レジャーにお風呂、グルメと、本記事を参考にめいっぱい草津温泉を楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました