宮崎県の離島で森林浴!緑に癒されるおすすめスポットを紹介

おすすめTrip
この記事は約5分で読めます。

太平洋に面した宮崎県沖には、離島が5つ浮かんでいます。その多くは釣りなどのマリンアクティビティで人気を集めていますが、実は緑が豊かで森林浴にぴったりの島も。そこで今回は「緑の中で癒されたい」「トレッキングを楽しみたい」という方に向けて、おすすめの宮崎の離島&スポットを紹介していきます。

ジャングルに鎮座するパワースポット「青島神社」/青島

宮崎県の離島「青島」は、亜熱帯植物が多く茂る自然豊かな島。電車や車で簡単にアクセスできる点、周囲は1.5kmと日帰りで散策できる点から、手軽に森林浴を満喫したい方にぴったりの離島です。

そんな青島で緑に癒されつつ、ありがたいご利益にあやかれるおすすめスポットが「青島神社」
有名な神話「海幸山幸兄弟(浦島太郎)」伝説の舞台となった神社で、「山幸彦」が兄(海幸彦)から借りた釣り針を無くし、探していたところ、「塩筒大神」の案内で海の宮殿へ行くことになり、女神「豊玉姫」と出会って恋に落ちたというロマンスが言い伝えられています。その伝説から、縁結びにご利益があるとされるパワースポットです◎。

ハート型の絵馬や恋みくじなど、境内には恋愛成就にあやかれそうなアイテムもたくさん。参拝と一緒に、お守り売り場も要チェックです。

青島神社は、ヤシ科の亜熱帯植物・ビロウの木々に覆われるように鎮座しており、元宮へとつながる御成道は深緑のトンネルのよう。参拝だけでなく森林浴気分も十分味わえるスポットで、この青島の亜熱帯植物群は国の特別天然記念物に指定されています。

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

また、本宮への御成道の途中にある「祈りの古道」もフォトジェニックな癒しスポット。参拝者が願い事を書いた絵馬がアーチ状にずらっと並んでおり、ビロウ樹の隙間から差し込む木漏れ日が絵馬を照らす景色はとっても神秘的。

祈りの古道とビロウ樹のトンネルを超えた先にあるのが、青島神社で最も強力なパワースポットといわれる本宮。青島のちょうど中心に位置しており、大元の社殿はここにあったと考えられています。弥生時代頃から祭祀が行われていたという言い伝えも。

濃い緑の中に佇む赤い社は、コントラストが美しい絶好の撮影場所で、元宮脇にそびえる2つのビロウ樹「夫婦ビロウ」もおすすめの立ち寄りスポット。豊富なカラーバリエーションのある細い紐「産霊紙縒(むすびこより)」を切ることなく、この夫婦ビロウに結べれば願いが叶うとされています◎。

産霊紙縒は色ごとにご利益が異なり、ピンクは良縁や子宝、緑は必勝祈願などさまざま。願い事に合った色の紐を選び、心を込めて結んでみてください。

住所
宮崎県宮崎市青島2-13-1
アクセス
JR日南線青島駅から徒歩約10分
電話番号
0985-65-1262(青島神社)
営業時間
6:00~日没

ツツジが咲き誇る「遠見場山」でトレッキング/島野浦島

宮崎県の北部に位置する離島「島野浦島(しまのうらしま)」をご存知でしょうか。日豊海岸国定公園の一部であり、美しいリアス式海岸に囲まれた島です。
県内外から多くの磯釣りファンが足を運び、海中の生物の種類も多様なことからダイバー達にも愛されるマリンアクティビティの島ですが、山でのトレッキングも楽しめるのも魅力。

森林散策と登山を両方楽しめるスポットが、島内にそびえる標高186mの「遠見場山(とんばやま)」。山頂までの距離は片道30分程度と、体力に自信がない人でも気軽に登れるのが嬉しいですね。登り切った先では、島全体と海を一望できる絶景が広がっています。

遠見場山への登山道は、「島野浦神社」が入り口になっています。
毎年11月の月夜に合わせて2日間、島最大のお祭りが行われる神社で、神輿と太鼓台の迫力あるぶつかり合い「喧嘩神輿」の際には多くの観光客で賑わいます。この祭りは「次世代に伝えたい島の景観」として、国土交通省の「島の宝100景」に選ばれました。

神社の石段を登って後ろを振り返れば、島風景と青い海、空を見渡せる美しい景色が。参拝と一緒に、記念撮影をしてみてもいいかもしれません。

また、遠見場山へのトレッキングコースの魅力の一つが、4月下旬〜5月上旬にかけて咲き誇る数百本のミツバツツジ。登山道がピンクや紅色に染まり、鮮やかな花々と新緑の織りなす華やかなトンネルに癒されること間違いなしです。ツツジの開花時期は花を鑑賞しながらのトレッキング、それ以外の時期は緑溢れる山道での森林散策を満喫できます◎。

さらに遠見場山の登山道では、年間を通じて、尾根伝いに並ぶ三十三観音巡りを楽しむことができます。約100mの間隔で安置された石造りの33体の観音像は、近畿地方や岐阜県にある「西国三十三所」を元に作られたものだそう。島野浦の三十三観音巡りは「島野浦西国三十三観音巡り」と呼ばれ、ご利益を求めて多くの参拝客が毎年島を訪問します。
森林浴で癒されるだけでなく、パワーにもあやかれるおすすめのトレッキングルートです。

住所
宮崎県延岡市島浦町
アクセス
浦城港から高速艇で約10分
電話番号
0982-29-2155(延岡観光協会)

おわりに:宮崎県の離島には、穴場の森林浴スポットが!

青島や島野浦島を知っていても、まだ行ったことがないという人もいると思います。メインスポットは海ではありますが、いずれも絶好の森林浴スポットです。穴場な南国の島で緑に癒されたいという方は、ぜひ来訪を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました