近畿

近畿地方の旅行やお取り寄せ、アクティビティなどのおすすめスポットやお役立ち情報、健康情報に関する記事をまとめています。

スポンサーリンク
ウェルネスツーリズム

ヘルスツーリズム認証プログラム一覧。どの地域でどんな健康体験ができる?

ヘルスツーリズムとは、内閣府の認証を受けた「日本ヘルスツーリズム振興機構」が推進する健康促進・地方創生を目的としたツーリズムのことです。 ただ、「どこ」で「どのような」ツーリズムが行われているか知っている人はあまりいないのではないでしょうか? そこで今回は、日本全国のヘルスツーリズムの内容を地域別にご紹介します。
温泉

美肌の湯はアルカリ性単純温泉だけじゃない|おすすめの温泉・入浴剤とスキンケアのポイントとは

美肌の湯や美人の湯と呼ばれる温泉は日本国内にたくさんありますが、温泉ごとに泉質や効能は異なります。目指す美肌がツルツル美肌かすべすべ肌かによって、入浴すべき温泉は変わります。この記事では美肌効果が期待できる温泉や温泉旅行におすすめのスキンケア、自宅で温泉気分を満喫できる入浴剤を紹介します。
グルメでケア

サーモンの栄養と食べ方|通販、お取り寄せにおすすめの商品とは

サーモンは、日本でもサケ、マスとして食べられてきた美味しい魚です。健康や美容に役立つ栄養満点なお魚としても知られていますが、美味しさや栄養を活かして食べるにはどのような食べ方が良いと思いますか?今回は、サーモンの栄養とおすすめの食べ方、家庭の食卓におすすめのお取り寄せ商品をご紹介します。
おすすめTrip

ふるさと納税で人気の食べもの以外の返礼品|おすすめの日用品、家電、洗剤など

食べもの以外のふるさと納税の返礼品の人気は、高級な家具や家電をお得に購入したい、洗剤や柔軟剤、トイレットペーパーなどの日用品にかかる費用を節約したいなどの理由で高まっています。食べもの以外の返礼品は食べものよりも家計の助けになる点でおすすめです。今回は食べもの以外のふるさと納税の魅力とおすすめの返礼品や人気の傾向について解説します。
グルメでケア

ふるさと納税サイトのランキングでわかるおすすめ人気返礼品グルメ|お取り寄せで地域を応援

ふるさと納税は、寄付して地域を応援しながらお得な返礼品をもらえて、税金の控除が受けられる制度です。とくに人気なのはグルメ系の返礼品ですが、種類が多すぎてどれを選べばいいかわからないという人も多いと思います。今回は、人気のふるさと納税サイトのランキングとウェル旅編集部の独自調査をもとに、おすすめのグルメ系返礼品を紹介します。
グルメでケア

琵琶湖の固有魚ホンモロコは養殖できる?|高級淡水魚の料理方法と飼育方法

ホンモロコとは、モロコとも呼ばれる日本で昔から食べられてきた琵琶湖の名産品です。最近は生息数が減ったことで高級魚になりましたが、実は養殖可能で気軽に楽しめるようになったんです。今回は、ホンモロコの特徴とメリット、養殖方法や飼育方法、料理方法とおすすめレシピ、お取り寄せ方法など、ホンモロコの魅力を余すことなく紹介します。
グルメでケア

ヒノヒカリのおすすめ産地|コシヒカリに匹敵する旨さのブランド米

ヒノヒカリは、西日本を中心に流通しているお米の品種です。常用米として各家庭で親しまれていますが、特別栽培米、県別ブランド米として流通しているものも多く、ふるさと納税の返礼品や贈り物として選ばれることも多いです。今回は、西の横綱と呼ばれるヒノヒカリの特徴とおすすめの産地、美味しい炊き方のコツについて解説していきます。
グルメでケア

陸上養殖サーモンのメリット|お取り寄せにおすすめのご当地サーモン一覧

養殖サーモンは、回転寿司などでも人気トップのお魚です。養殖サーモンは海外からの輸入が多いですが、最近は国産のブランド養殖サーモン「ご当地サーモン」も広く流通しています。今回は、お取り寄せにおすすめのご当地サーモン一覧と、陸上養殖の養殖サーモンのメリット、日本のサーモン養殖事情について詳しく解説していきます。
グルメでケア

ブリの旬はいつ?|ブリを1年中楽しむ方法と天然、養殖お取り寄せ情報

ブリは、脂の甘味と旨味が魅力の高級魚です。寒ブリの刺身やブリしゃぶなど、旬のブリを使った料理は、魚好きにはたまりませんよね。今回は、ブリの旬を産地別に詳しく解説します。実は、産地を選ぶことで美味しい旬のブリを1年中楽しむことができるのです。天然ブリ、養殖ブリのお取り寄せ情報も紹介するのでブリ好きの人は参考にしてください。
おすすめTrip

ウッドショックで注目される国産木材|林業体験、森林体験で木の魅力を味わおう

今回は、国産木材のメリットと国産木材の魅力に気づける林業体験、森林体験のおすすめスポットを紹介します。 ウッドショックによる木材の高騰で、国産木材に注目が集まっています。しかし、急に国産木材の生産量や流通量が増やせるわけではありません。国産木材を使うのメリットを理解し、国産木材の問題解決に林業体験、森林体験が役立てましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました