九州

九州地方の旅行やお取り寄せ、アクティビティなどのおすすめスポットやお役立ち情報、健康情報に関する記事をまとめています。

グルメでケア

陸上養殖サーモンのメリット|お取り寄せにおすすめのご当地サーモン一覧

養殖サーモンは、回転寿司などでも人気トップのお魚です。養殖サーモンは海外からの輸入が多いですが、最近は国産のブランド養殖サーモン「ご当地サーモン」も広く流通しています。今回は、お取り寄せにおすすめのご当地サーモン一覧と、陸上養殖の養殖サーモンのメリット、日本のサーモン養殖事情について詳しく解説していきます。
グルメでケア

養殖すっぽんの魅力|美味しいすっぽん料理をお取り寄せと観光で楽しもう

すっぽんは淡水性の爬虫類の高級食材です。日本でも古くから食べられていますが、現在は養殖のすっぽんの流通が大半を占めていることをご存知でしょうか。今回は、養殖のすっぽんの魅力について、美味しさと安全性をメインに解説していきます。産地や地方ごとのおすすめの養殖場も紹介するので、観光やお取り寄せの参考にしてください。
グルメでケア

ブリの旬はいつ?|ブリを1年中楽しむ方法と天然、養殖お取り寄せ情報

ブリは、脂の甘味と旨味が魅力の高級魚です。寒ブリの刺身やブリしゃぶなど、旬のブリを使った料理は、魚好きにはたまりませんよね。今回は、ブリの旬を産地別に詳しく解説します。実は、産地を選ぶことで美味しい旬のブリを1年中楽しむことができるのです。天然ブリ、養殖ブリのお取り寄せ情報も紹介するのでブリ好きの人は参考にしてください。
おすすめTrip

ウッドショックで注目される国産木材|林業体験、森林体験で木の魅力を味わおう

今回は、国産木材のメリットと国産木材の魅力に気づける林業体験、森林体験のおすすめスポットを紹介します。 ウッドショックによる木材の高騰で、国産木材に注目が集まっています。しかし、急に国産木材の生産量や流通量が増やせるわけではありません。国産木材を使うのメリットを理解し、国産木材の問題解決に林業体験、森林体験が役立てましょう。
グルメでケア

養殖海苔の発祥地やシェア日本一はどこ?おすすめ海苔ブランドを佐賀、熊本、千葉から紹介

海苔は、お寿司やおにぎりに使われる「ごはんのおとも」として日本人に親しまれてきた海藻です。でも、海苔の養殖方法や現状、海苔のブランドごとの特徴については、あまり知らない人もいると思います。 今回は、海苔の歴史と現状、名産地、通販で購入できる美味しく消化にも良い海苔のブランドなど、日本人が大好きな海苔について解説します。
グルメでケア

カワハギはフグみたいに美味しく肝まで食べられる!養殖カワハギの魅力とおすすめの食べ方は?

カワハギは、お寿司屋さんや料亭で扱われる高級魚でもありますが、日本近海で多く獲れ、スーパーでも購入可能な身近な魚でもあります。ただ、食べ方がわからないなどの理由で味や生体についてよく知らないと人もいると思います。 今回はカワハギやウマヅラハギの味や特徴、見分け方と養殖カワハギの魅力をお取り寄せ情報とあわせて紹介します。
グルメでケア

チョウザメはキャビアも魚肉もおいしい魚!宮崎・長野・茨城のおいしい養殖ブランドを紹介

卵が高級食材・キャビアとして重宝されるチョウザメは、たんぱくな白身が魅力的な魚です。 今回は卵だけにとどまらない食材としてのチョウザメの魅力を、世界と日本での漁獲・養殖の状況、国内の養殖ブランド品の情報と一緒に紹介していきます。
おすすめTrip

長崎の高級温泉宿【雲仙・島原】頑張った自分へのご褒美や記念日などにおすすめ!

長崎県は、江戸時代には世界への玄関口として栄え、和洋折衷の独自の文化を築いてきました。 今回は長崎県の雲仙市、島原市から、自分へのご褒美や特別な記念日、お祝いの際に使ってほしいおすすめの高級温泉宿を5軒紹介していきます。 雲仙市 旅亭 ...
グルメでケア

餃子のお取り寄せで旅行気分を楽しもう|おすすめご当地餃子一覧【2021年最新版】

餃子は身近で手軽に楽しめるごちそうです。全国各地にご当地餃子があり、マイクロツーリズム、お家時間が広まった関係でお取り寄せできる餃子が増えてきています。 自宅でも作りやすい餃子は、お取り寄せで旅行気分を味わうにはピッタリのグルメです。今回は、全国のおすすめご当地餃子の魅力と焼き方のコツを紹介するので、お家時間の充実と現地を訪れたときのグルメやお土産選びの参考にしてください。
グルメでケア

お取り寄せ・通販で味わえるブランドサバの魅力!養殖サバは寄生虫アニサキスがいないの?

サバは昔から、日本人にとって身近な食材でした。主に火を通して、または酢で締めて食べられることの多いサバも、近年では養殖生産が盛んになってきています。 今回は養殖サバが盛んになるなかで生まれた各地の「ブランドサバ」の魅力を、養殖サバと天然サバの寄生虫リスクの違いと一緒に紹介します。
タイトルとURLをコピーしました